臨床検査技師

【転職サイトはNG】臨床検査技師におすすめの転職エージェント5選

臨床検査技師におすすめの転職エージェント5選

転職サイトがNGの理由は100%機会損失するから。

例えば、専門学校卒で英語が全くできない臨床検査技師が転職サイトで求人を探しているとします。

何度も条件を変えて検索して、ようやく理想的な条件の求人を見つけました。

そんな求人の応募条件が下記だった場合。

  • 学位取得者
  • 中級程度の英語力
Sドラゴン
Sドラゴン
あなたなら応募、しますか?

ほとんどの人は応募をスルーするでしょうし、思い切って応募したところで99.9%は書類選考落ちが関の山。

経歴じゃなくてポテンシャルで評価してほしい!

こう思っても無理なものは無理。

だって、転職サイトの求人は誰でも応募できるんです。応募者全員と面接してたら企業人事がパンクしますから。

転職サイトからの応募では選考のステージにすら立てない求人でも、ライバルと戦える舞台まで連れて行ってくれるのが転職エージェントです。

Sドラゴン
Sドラゴン
経歴に光ものがなかったとしても、ポテンシャルを見て評価してもらえるよう企業人事に直接交渉してくれるのが転職エージェントの最大の利点です。

この記事では、臨床検査技師から他職種への転職におすすめの転職エージェントを5つ厳選してご紹介します。

おすすめの転職エージェント5選
  • DODA
    • ミドルクラス求人を幅広く紹介してくれる!
      \3つの転職サービスで機会損失を防ぐ!/
      エージェントサービスを受けれる可能性が最も高い
  • ビズリーチ
    • 求人企業は初期費用が不要のため、良質な企業からダイレクトオファーが届く可能性が高い
      \無料会員なら利用料金は最後まで0円/
      優良企業からのダイレクトオファーが届く可能性大
  • JACリクルートメント
    • ハイクラス求人専門の高級転職エージェントで、長期的にキャリアの相談が可能
      \年収600万円以上の求人を多数紹介/

      長期的目線でキャリアを一緒に育ててくれる

  • リクルートダイレクトスカウト
  • ランスタッド
    • \外資系ベンチャー企業求人多数/
      短期間で超ハイクラス企業に転職できる可能性あり

これらの転職エージェントは

  1. 医療・メディカル業界の専門チームがいる
  2. 医療・メディカル業界の転職に特化したヘッドハンターからオファーが届く
  3. 医療・メディカル業界の企業の採用担当からダイレクトスカウトされる

上記のいずれかに該当するため、医療・メディカル業界への転職では欠かせない転職エージェントです。

Sドラゴン
Sドラゴン
医療・メディカル業界に強ければ、ほぼ間違いなくライフサイエンス業界にも強いので、登録しておけば棚ぼたラッキーがあるかもしれません。

臨床検査技師からの転職を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

臨床検査技師からの転職に向いている業界とは?

臨床検査技師のスキル・経験が活かせる業界は医療・メディカル業界、ライフサイエンス業界です。

Sドラゴン
Sドラゴン
他の業界でも転職できる可能性はありますが、未経験扱いになり年収が下がるリスクが高いので私はおすすめしません。
  • 医療・メディカル業界
    • 病院・クリニック・診療所などを対象に体外診断用医薬品・医療機器を販売する企業
  • ライフサイエンス業界
    • 主に研究機関を対象とした研究用試薬を・医療機器を販売する企業

医療・メディカル業界の企業の特徴

メリット

  • 求人が豊富で条件さえ合えばいつでも転職できるチャンスがある
  • 全国に支店を設置しているため勤務地の希望が通り易い

デメリット

  • 診療に直結する製品を扱うためトラブル時は緊急対応が発生する
  • 大掛かりな作業は医療機関の休診日に行うため休日出勤がある
  • 医療機関は原則日中の作業が不可のため作業時間が遅くなる

ライフサイエンス業界の企業の特徴

メリット

  • 研究機関の稼働日は月〜金なので休日出勤が発生する可能性が少なくワークライフバランスが整えやすい
  • 研究機関はルーチン業務がなく日中でも施設対応OKのことが多いため深夜作業が少ない
  • 年収は医療・メディカル業界企業と同等以上

デメリット

  • 扱う製品の専門性が高いため転職難易度が高い
  • 会社規模が小さく支店の支店数が限られるため全国出張が多い
  • 優良企業なことが多く欠員が出ることが少ないため求人数が少ない(レア求人)

 

おすすめはライフサイエンス業界への転職ですが

  • 求人数が限られていること
  • 人気求人のため倍率が高いこと
  • 他人より優れた経歴をもつこと

これらの理由により、臨床検査技師から直接転職するのは極めてハードルが高いです。

Sドラゴン
Sドラゴン
まずは医療・メディカル業界で転職先を探すことが臨床検査技師から他職種への転職を成功させるポイントです。

この記事を書いた人

Sドラゴン

■奈良県天理市生まれ。最終学歴は3年制の専門学校卒。
■臨床検査技師を退職した後、胚培養士⇨治験コーディネーター⇨医療機器メーカーと複数回の転職を経験。現在は日系ベンチャー企業で新規検査サービスの開発業務に従事。

詳細プロフィールはこちら

JACリクルートメント

JACリクルートメントは私が最もおすすめする転職エージェントです。

Sドラゴン
Sドラゴン
私は2021年1月〜7月に初めて利用しましたが、転職サポート・求人の質が他社とは比べものにならないほど高かったので、2022年8月から再度転職サポートをお願いしています。

JACリクルートメントをおすすめする理由

求人の年収は最低でも600万円以上

JACリクルートメントは管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト等のハイクラス求人を専門的に扱っているため、提示される年収額は最低でも600万円

Sドラゴン
Sドラゴン
臨床検査技師求人とは比べ物にならない高年収求人だけを厳選して紹介してくれるため、キャリアアップ転職には最適です。

大阪・東京の医療・メディカル・ライフサイエンス専門チームから全国の求人を紹介してもらえる

一般的な転職エージェントは求職者担当と企業担当が異なる分業型スタイルを取りますが、JACリクルートメントは企業と求職者をひとりのコンサルタントが担当する両面型スタイル

JACリクルートメントの特徴

一般的に、両面型エージェントはひとりのコンサルタントが扱える案件数に限りがあるため紹介される求人数が少ないという転職活動では致命的なデメリットがあります。

両面型エージェントのデメリットを在籍コンサルタントの人数を増やして克服したのがJACリクルートメントです。

スペシャリスト求人が多く臨床検査技師にハマる可能性が高い

JACリクルートメントが得意とする案件は管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト求人です。

臨床検査技師は検査のスペシャリストなので、医療・メディカル業界の検査系求人ならほぼ間違いなく応募条件を満たせます。

実は、臨床検査技師は無資格の会社員と比べると「紹介できる求人がありません」とサポート対象外になる可能性が圧倒的に低く、キャリアアップ転職を達成できる可能性が高いんです。

JACリクルートメント利用時の注意点とデメリット

登録しても必ず求人を紹介してもらえるワケではない

JACリクルートメントに限ったことではありませんが、登録者が応募できる求人を扱っていなければ転職エージェントから求人は紹介されません。

特にJACリクルートメントはハイクラス求人に特化しているため、あなたのキャリア次第では紹介求人数「ゼロ」の可能性も十分考えられます。

紹介求人数はかなり少なめ

医療・メディカル・ライフサイエンス専属チーム全員から求人を紹介してもらえるため、両面型エージェントの中では紹介求人数は多い方ですが、分業型スタイルを取る転職エージェントと比較すると数は1桁少ないです。

Sドラゴン
Sドラゴン
実際、私が利用した2021年1月〜7月の期間で紹介された求人はたったの8社でした。
ただし、分業型エージェントから紹介される求人には低年収求人未経験業界求人も多数含まれているため、医療・メディカル・ライフサイエンス業界で転職先を探している方にはノイズが多く不向きです。

 

JACリクルートメントは特別なスキルを持たない求職者に紹介できる求人は扱っていません。

裏を返せば、専門性の高いスキルを持つ臨床検査技師なら外資・日系、大手・ベンチャー問わず多数のハイクラス求人を紹介してくれるはず。

条件に合致する求人が見つかるかは登録してみないと分かりません。

とはいえ、料金は最後まで完全無料どこよりも手厚い転職サポートを提供してくれるJACリクルートメントには全員が必ず登録すべきです。

Sドラゴン
Sドラゴン
私は常に今より良い条件の会社がないか、JACリクルートメントを利用して情報収集しています。

私の利用体験談はJACリクルートメントが求職者との関係を大切に育てる理由【体験談アリ】で詳しく解説しているのでサポート内容が気になる方は登録前にチェックしてください。

\年収600万円以上の求人を多数紹介/
長期的なお付き合いで一緒にキャリアを育ててくれる

DODA(デューダ)

JACリクルートメントと同じレベルでおすすめなのがDODA。

JACリクルートメントはコンサルタント経由でしか求人を紹介してもらえませんが、DODAは『転職サイト』のような用途でも使えるため、条件を指定して自分で求人を探せるというメリットがあります。

DODAをおすすめする理由

DODA単独であらゆる転職サポートが受けれる

臨床検査技師から転職する場合は、これまでのキャリアを活かすためにも下記のいずれかに該当する転職エージェントを利用すべきですが、DODAは1社単独で全てを満たします

  1. 医療・メディカル業界の専門チームがいる
  2. 医療・メディカル業界の転職に特化したヘッドハンターからオファーが届く
  3. 医療・メディカル業界の企業の採用担当からダイレクトスカウトされる
DODAのサービス内容DODAのサービス内容
  1. 医療・メディカル業界の専門チームがいる

DODAでは『採用プロジェクト担当』と呼ばれており、求人企業ごとに専属の担当者から求人紹介・履歴書添削・面接対応などその求人企業に特化した転職サポートが受けれます。

  1. 医療・メディカル業界の転職に特化したヘッドハンターからオファーが届く

DODAは自社の転職エージェントサービス以外にも、他社のヘッドハンターからオファーが届くパートナーエージェントサービス』も展開しています。

5,000人以上の転職エージェントから多彩なスカウトメールが届くため、医療・メディカル、ライフサイエンス業界を得意とするキャリアアドバイザーから多面的に転職サポートを受けれます。

  1. 医療・メディカル業界の企業採用担当者からダイレクトスカウトされる

サイトには公開されていない非公開求人のオファーをスカウトサービス登録者だけにお届けすることがあります。公開すると応募が殺到しそうなプレミアムな求人を優先的に受け取れます。
また、求人企業が 「どうしてもこの人にエントリーしてほしい」 と判断した場合、面接確約オファーが届くことがあります。書類選考をスキップし、エントリーすれば必ず面接を受けられるオファーです。このような、サイト上では探すことができないプレミアムな求人情報に出会えるのもスカウトサービスの特徴です。
応募後は、dodaを介さず企業の担当者と直接連絡を行います。

出典:DODA公式サイト

一般的に、転職エージェントは成功報酬が高いため高年収者を優先的にサポートする傾向にあります。

一方、企業の採用担当社からのダイレクトオファーなら現在の年収は度外視で、純粋にポテンシャルで評価してくれるため、転職エージェントからは絶対に紹介してもらえないようなハイレベルな企業から声が掛かる可能性があります。

DODA利用時の注意点とデメリット

企業から届くダイレクトオファーには要注意

ダイレクトオファーをくれる企業は臨床検査技師のキャリアを活かせる企業ばかりではありません。

というか、9割以上が医療・メディカル、ライフサイエンス業界以外の企業です。

興味が無ければスルーすればOKですが、興味がない求人が多すぎて肝心の医療・メディカル・ライフサイエンス業界企業からのオファーを見落とす可能性があります。

Sドラゴン
Sドラゴン
実際、私は登録してから1週間で312件のダイレクトスカウトが届きましたが、医療・メディカル・ライフサイエンス業界企業からのスカウトは1桁でした。
経歴も確認せず、登録者全員にスカウトを送っているような企業も多数見受けられるため、応募の判断はくれぐれも慎重に。

なお、企業からのダイレクトオファーは後述のビズリーチが企業の本気度も高く、優良求人が多いため圧倒的におすすめです。

採用プロジェクト担当求人はあなたの希望にマッチするとは限らない

採用プロジェクト担当は1企業1担当のいわゆる両面型スタイルであり、企業情報に詳しい担当者からサポートを受けれます。

とはいえ、JACリクルートメントのように求職者の希望をヒアリングしてから条件に合う求人を厳選してくれるワケではなく、採用プロジェクト案件の応募条件にマッチする登録者に無差別に求人を紹介するため、あなたの希望条件と企業が提示する条件にミスマッチが発生する可能性が高いです。

Sドラゴン
Sドラゴン
例えば、勤務地を関西で探しているのに東京の求人が送られてきたりします。

JACリクルートメントが求職者ファーストなら、DODAは企業ファーストといったところでしょう。

とはいえ、JACリクルートメントからは紹介されなかった医療・メディカル、ライフサイエンス業界の求人も多数見つかるため、DODAにも必ず登録しておきましょう。

\料金は最後まで完全無料/
3つの転職サービスで機会損失を防ぐ!

ビズリーチ

ビズリーチは登録&放置しておけば稀に珍しい企業からダイレクトオファーが届くことがあるので、登録しておいて損はない転職エージェントです。

他エージェントと大きく異なる点は、ビズリーチの全てのサービスを使うには月額利用料金を支払って有料会員になる必要があること。

ビズリーチを中心に転職活動を進めるなら有料会員への登録は必須ですが、他サイトをメインに利用してビズリーチは企業からのダイレクトオファーだけの利用にとどめておけば無料会員でも全く問題ありません。

ビズリーチのサービス内容ビズリーチのサービス内容

 

ビズリーチをおすすめする理由

本気であなたを採用したいハイクラスの優良企業からダイレクトスカウトが届く

DODAのダイレクトオファーとは異なり、ビズリーチのダイレクトスカウトは企業の採用担当者があなたの登録情報を精査して『我が社に必要な人材』と評価した人にのみスカウトを送ります。

この理由は求人企業側が支払う採用コストの違いです。

DODAのダイレクトオファー:基本利用料のみ

ビズリーチのダイレクトスカウト:基本利用料+成功報酬

DODAは何人採用しても費用が一定額なので、複数人まとめて採用したい企業が利用します。

対して、ビズリーチは基本利用料に加えて人材を採用した際に成功報酬(想定年収の15%)を支払う必要があるため、採用人数に応じて料金が増えていきます。

つまり、複数人まとめて採用したい企業ではなく、オンリーワンの人材・スペシャリストを求める企業がビズリーチを使うため、自ずとハイクラスの優良企業からのスカウトに限定されます。

コミュニケーションコストが低い

転職エージェントを利用すると

  • コンサルタントとの対面での初回面談
  • 求人が紹介されるたびに応募の意向を確認される

頻繁にコンサルタントとのやりとりが発生するため、今すぐ転職を考えていない人からすれば正直かなりめんどくさいです。

一方、ビズリーチのダイレクトスカウトならコンサルタントとのやりとりは発生しませんし、企業側があなたを採用したくて連絡してくるため応募理由や志望動機を考える必要もありません。

今すぐの転職を考えていなくて、コンサルタントとのやりとりを最小限にしたいならビズリーチにだけでも登録しておくことをおすすめします。

ビズリーチ利用時の注意点とデメリット

有名企業からのスカウトは期待しない方が良い

ビズリーチでダイレクトスカウトを送ってくれるのは募集をかけても応募が集まらない企業・職種の可能性があります。

具体的には下記のような場合です。

知名度が低いスタートアップ企業

人気のない職種

知名度が高い企業は人気も高く、待っているだけで多くの応募が集まるため、わざわざ人材を探しにいく必要はありません。

同様に、人気のある職種も待っているだけで多くの応募が集まるため、わざわざ人材を探しにいく必要はありません。

Sドラゴン
Sドラゴン
飲食店で例えると、お客が入らないから呼び込みをしてる状態ですね。

とはいえ、知られてないだけで入ってみるとなかなか良いお店もたくさん存在します。

誘われたらとりあえずお店の中に入ってみて、雰囲気だけでも味わってみてください。

全てのサービスを利用するには有料会員になる必要がある

ビズリーチは有料会員と無料会員があり、有料会員にならなければ全てのスカウトの閲覧・返信、求人情報の閲覧・応募ができません。

ビズリーチの有料・無料会員の権限の違い
会員種別利用権限
無料会員プラチナスカウトの閲覧・返信
・公募や特集求人への応募
・一般求人の検索・閲覧(企業名非公開)
有料会員全てのスカウトの閲覧/返信
・非公開求人を含む求人全ての閲覧/応募
・ヘッドハンター検索/閲覧

また、有料会員はビズリーチ登録時の審査により決定したステージに応じて月額料金が変わります。

ビズリーチの2種類の有料会員
会員ランク利用権限
タレント会員・月額3,278円(税込)/30日
・年収1000万円以上の一般求人:応募不可
・ハイクラス専門ヘッドハンター:相談不可
ハイクラス会員・月額5,478円(税込)/30日
全ての一般求人に応募可能
全てのヘッドハンターに相談可能
Sドラゴン
Sドラゴン
月額利用料金を見て『安い』と感じたなら選択肢の幅が広がるので有料会員になるべきですが、月額利用料金を見て『高い』と感じたなら無理に有料会員になる必要はありません。

JACリクルートメントやDODAなど他の転職エージェントと並行利用して、ビズリーチは企業からのプラチナスカウト目的で利用すればOKです。

プラチナスカウトとは
  • 企業の採用担当、またはヘッドハンターが送る送信回数の限られたスカウトのことで、無料会員でも内容を閲覧・返信できるスカウト。

\無料会員なら利用料金は最後まで0円/

プラチナスカウトでハイクラスの優良企業からダイレクトスカウトが届く!

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトのサービス内容リクルートダイレクトスカウトのサービス内容

TVCMでもお馴染みのリクルートダイレクトスカウト。

求人数業界No.1のリクルートホールディングスが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。

  • リクルートダイレクトスカウトの特徴
    • レジュメを登録してあとは待つだけ
    • ハイクラスの非公開求人を厳選して紹介してくれる
    • 複数のヘッドハンターから多面的にサポートが受けれる
  • リクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめな人
    • 現職より良いところがあれば転職を検討する(転職を急いでいない)
    • 転職活動にかかる労力を減らしたい
    • 臨床検査技師の経験とスキルを活かせる企業に転職したい

サービス内容自体はビズリーチとほぼ同じですが、完全無料で利用できるためビズリーチより使い勝手が良いです。

ただし、企業からのダイレクトスカウトは2021年8月から開始したサービスであり実績が少ないこと、求人掲載企業から初期費用を徴収することから、企業のダイレクトスカウトをメインで利用するなら同サービスを展開するビズリーチ(2009年4月開始)に部があります。

臨床検査技師にリクルートダイレクトスカウトをおすすめする理由

臨床検査技師にリクルートダイレクトスカウトをおすすめする理由は、多くの転職エージェントからサポートを受けれる可能性があるため。

最近の転職市場は、1社に全集中!というよりも気になる10社に一斉応募!という考え方が一般的です。

Sドラゴン
Sドラゴン
応募数と内定取得数は比例関係にあります。

1つの転職エージェントだと紹介してもらえる求人数にも限りがあるため、複数社の転職エージェントから多面的にサポートを受ける方が紹介求人数の数も多くなります。

リクルートダイレクトスカウトは求人の数を稼ぐにはもってこいのサービスなので、登録しておいて損はないですよ。

ただし、中には極悪転職エージェントが潜んでいて、ブラック企業への応募をゴリ押しされることもあるため、求人の善し悪しを判別できる目がない人は使わない方が無難です。
\3000名以上のヘッドハンターからの手厚いサポート!/
ヘッドハンターが積極的に転職を後押ししてくれる

ランスタッド

ランスタッドのサービス内容ランスタッドのサービス内容(求人企業目線)

ランスタッドは年収600万円以上の求人を多数紹介してくれる高級転職エージェントで、国内だけでなく海外にも複数の拠点が設置されており外資系企業への転職を得意としています。

Sドラゴン
Sドラゴン
日本での知名度は低いですが、実はJACリクルートメントと同じ規模の転職エージェントです。
  • ランスタッドの特徴
    • ヘルスケア業界特化チームから手厚い両面型サポートが受けれる
    • 外資に強く、希少性の高いベンチャー企業求人を多数紹介してくれる
    • 良くも悪くも対応はドライで短期集中型サポート
  • ランスタッドの利用がおすすめな人
    • 希少価値の高い求人に応募したい
    • 業務難易度が高いチャレンジングな転職に挑戦したい
    • 短期間でハイクラス企業に転職したい

臨床検査技師にランスタッドをおすすめする理由

ランスタッドはとにかくハイクラス志向が強く、自分の能力以上の求人を多数紹介してくれるためヘルスケア業界でのキャリアアップ転職には最適です。

普段の検査業務に飽き飽きしていて、今の自分よりも少しレベルの高い求人に応募したい・挑戦したい人という方には最適な転職エージェントです。

ただし、JACリクルートメントのようにキャリアを一緒に育てていくという概念が欠落しているため、求人は登録してから1〜2ヶ月で紹介されなくなります。
Sドラゴン
Sドラゴン
短期間でキャリアアップの転職を成功させたい人はランスタッドがおすすめです。
\外資系ベンチャー企業求人多数/
短期間でハイクラス企業に転職できる可能性あり

医療・メディカル業界から離れたい方におすすめの転職エージェント

業界・職種ともに未経験扱いでも良いから、どうしても他業界・他職種に転職したい!

このような方はリクルートエージェントの利用を検討してください。

Sドラゴン
Sドラゴン
臨床検査技師とほぼ同等の年収の異業界・異職種求人を非常に多く紹介してくれます。
転職エージェントの求人数比較
転職エージェント総求人数非公開求人数非公開求人率
JACリクルートメント21,658件12,995件60%
リクルートエージェント400,923件228,736件57%
DODA164,815件38,624件23%
マイナビエージェント69,039件34,172件49%
パソナキャリア132,083件92,458件70%

※2022年3月9日調べ

\求人数業界No.1/
未経験でも異職種・異業界希望者には最適

 

個人的には、パーソナルジムの運営ってのも面白いかなと思います。

健康ブームはこの先もずっと続くでしょうし、自分の好きな場所にジムを作れるので自由な働き方が手に入ると思います。

Sドラゴン
Sドラゴン
私の知り合いにもパーソナルジムを開業して自分の好きなように働いている人がいますが、毎日イキイキしていてとても楽しそうです。
パーソナル運営に興味があるけどなんだか難しそう・・・

こんな方には物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営を支援してくれるダイエットパートナーのフランチャイズがおすすめ。

初期費用を最大限に抑え、ダイエットパートナー社のアセットを活用し運営資金も最大限に抑えられます。

まとめ:複数の転職エージェントを並行利用して他職種への転職を成功させましょう!

5つの転職エージェントの特徴
  • DODA
    • 両面型・分業型・他社ヘッドハンターの多面的サポートにより多くの求人紹介が期待できる
      \3つの転職サービスで機会損失を防ぐ!/
      エージェントサービスを受けれる可能性が最も高い
  • ビズリーチ
    • 求人企業は初期費用が不要のため、良質な企業からダイレクトオファーが届く可能性が高い
      \無料会員なら利用料金は最後まで0円/
      優良企業からのダイレクトオファーが届く可能性大
  • リクルートダイレクトスカウト
    • 積極的に転職を進めたがるヘッドハンターが多いため、条件が合えば最短で内定を取得できる
      \3000名以上のヘッドハンターからの手厚いサポート!/
      ヘッドハンターが積極的に転職を後押ししてくれる
  • JACリクルートメント
    • ハイクラス求人専門の高級転職エージェントで、長期的にキャリアの相談が可能
      \年収600万円以上の求人を多数紹介/
      長期的なお付き合いで一緒にキャリアを育ててくれる
  • ランスタッド
    • 自分の能力以上の挑戦的な求人にも積極的に応募させてくれるハイクラス求人専門の高級転職エージェント
      \外資系ベンチャー企業求人多数/
      短期間でハイクラス企業に転職できる可能性あり

転職エージェントは1社だけでは紹介される求人数はそこまで多くありません。

選択肢を増やすためにも複数の転職エージェントを並行利用することが重要です。

Sドラゴン
Sドラゴン
今回ご紹介した5つの転職エージェントは、元臨床検査技師の私にヘルスケア業界の優良企業を複数紹介してくれたという実体験があるため、自信を持っておすすめできます。

転職にリスクはありますが、転職活動はノーリクス。

自分の将来のためにも、水面下でこっそりと他職種の求人を探してみてはいかがでしょうか?