転職活動

【勝ち組確定】外資系ベンチャー企業へ転職するための5つの条件を完全解説

 こんな方におすすめ
  • バイオ・メディカル業界の外資系ベンチャー企業に転職したい
  • プレーヤーで年収1000万円以上の超高年収を得たい

この記事では、バイオ・ヘルスケア業界の外資系ベンチャー企業へ転職するために必要な5つの条件をどこよりも具体的に解説します。

この記事で解説する条件を全て網羅できていれば外資系ベンチャー企業への転職は必ず成功します!

5つの条件
  1. 中級以上の英語力(英語でコミュニケーションが取れる)
  2. バイオ・メディカル業界での学術サポート経験
  3. 研究実績
  4. プレゼン力
  5. 学士(理系)以上の学位

尚、ここだけの話ですが外資系ベンチャー企業の求人は特定の転職エージェントしか取り扱いがありません。

Sドラゴン
Sドラゴン
外資系ベンチャー企業の求人の取り扱いがある転職エージェントは『JACリクルートメント』または『ランスタッド』です。

とはいえ転職に最も重要なことは『タイミング』です。

JACとランスタッドをまだ一度も利用したことがないなら、とりあえず両社に登録して外資系ベンチャー企業の求人に応募してみましょう!

万が一落ちてしまっても1年間の期間を開ければ再応募することが可能です。

Sドラゴン
Sドラゴン
とにかく一度応募してみて、ダメだった場合はこの記事の内容をチェックしてみてください!
  • 料金は最後まで完全無料
  • 長期的な転職サポート

JAC Recruitment公式サイト

  • 料金は最後まで完全無料
  • 短期間で高年収企業へ転職

ランスタッド

外資系ベンチャー企業に転職する方法ををもう少し詳しく知りたい人はCareerSuiteで現役社員、OB/OGから話を聞くことがおすすめです。

  • 現役社員やOB/OGから直接話が聞けるため情報の精度が高いです。
  • また、転職エージェントも兼ねているため話を聞いて興味を持った企業があればそのまま転職活動を進めることも可能です。
  • 登録無料!
  • 現役社員・OB/OGの両方から話が聞ける!

CareerSuite公式サイトへ

この記事を書いた人

Sドラゴン(りゅうじん)

■奈良県天理市生まれ。最終学歴は3年制の専門学校卒。
■臨床検査技師⇨胚培養士⇨治験コーディネーターを経験して29歳で医療機器メーカーに入社。
■アプリケーションスペシャリストの実務経験を活かしアプリケーションスペシャリストのリアルな情報をどこよりも詳細に解説します。 詳細プロフィールはこちら

↓目次をクリックすればジャンプできます↓

中級以上の英語力(英語でコミュニケーションが取れる)

外資系ベンチャー企業では現場のプレーヤーが国外本社の担当者と英語で直接コミュニケーションを取る機会があります。

国内の顧客とのやり取りは日本法人で完結できるように調整しますが、問い合わせの内容次第では国外本社の担当者と英語で直接コミュニケーションを取る必要があります。

メールでのやり取りなら翻訳ツールを活用すれば何とかなりますが、急ぎで回答が必要な場合や、新製品のトレーニングを受ける場合は対面またはWEBミーティングが一般的であり英語力は必須です。

Sドラゴン
Sドラゴン
ちなみに大手外資系企業だと国内に国外の本社とやりとりする専門の部署が存在するため現場レベルではそこまで英語力が問われることがありません。

外資系ベンチャー企業は日本法人が設立して間もないことや、ターゲット顧客が少ないことなどの理由から社員数が限られており、国外の本社とやり取りする専門の部署を設置することができません。

そのため、現場担当者レベルでも英語でコミュニケーションが取れるスキルが必要になります。

文法や単語を覚えることも重要ですが、まずは英会話スクールなどに通って外国人と英語でやり取りできるレベルになりましょう。

Sドラゴン
Sドラゴン
無料体験ができる英会話スクールがいくつかありますので、まずはそれらを活用してみて自分の感覚に近いスクールに通うことが英語力向上の近道です!

【Bizmates(ビズメイツ)】

バイオ・メディカル業界での学術サポート経験

『実践経験』は英語力の次に重視される重要事項です。

外資系ベンチャー企業は社員の数は少ないですが、全員が高学歴・語学堪能のハイスペック人材です。

これらの人材はアカデミックには非常に強みがありますが、社会人歴の浅さや実践経験不足からコミュニケーション力に難がある場合があります。

そのため、中途転職者には実践経験・コミュニケーション力を要求する企業が多い傾向があります。

Sドラゴン
Sドラゴン
つまり低学歴でも実践経験が豊富で高いコミュニケーションスキルがあれば企業の目に留まる可能性は十分あります!

英語ができなくてもバイオ・メディカル業界での学術サポート経験があるなら、まずは応募してみる価値があります。

研究実績

外資系ベンチャー企業は研究機関がターゲットの製品を販売していることが多いため、研究者とコミュニケーションを取る機会が多くあります。

研究者は病院勤務の医療従事者とは業務内容が大きく異なるため、企業側は研究職に対する理解が深い人材を欲しがる傾向にあります。

Sドラゴン
Sドラゴン
研究職への理解度を測る指標が「研究実績の有無」です。

研究実績は研究志向が強い外資系ベンチャー企業への転職で非常に有利になります。

もし自身に研究実績があるなら、レジュメには必ず記載するようにしましょう。

プレゼン力(Public Speak)

外資系ベンチャー企業ではビジネススキルの中でもプレゼン力が特に重要視されます。

外資系では個人に裁量と意思決定が任せる組織が多いため社内やクライアントに対してプレゼンを頻度が必然的に高くなります。

企業によっては各国法人40名程度が参加するミーティングを頻繁に行い国境を超えた情報交換が盛んに行われることもあり、海外の社員に向けてプレゼンを行う機会多く存在します。

海外では大学でpublic speakの授業があるぐらいプレゼンは一般的なことですが、日本人にとってはプレゼンと聞くだけで拒否反応を示す人が一定数いるため、public speakに苦手意識を持たない人材でなければ採用される可能性は極めて低いです。

外資系企業へ転職するならプレゼン力(Public Speak)が要求されることは間違いないため、必ず事前に身につけるようにしましょう。

Sドラゴン
Sドラゴン
プレゼンが苦手な人でも勉強すれば必ず身に付く能力なので、下記記事で紹介している書籍などを参考に勉強してみてください!
【プレゼン苦手⇨プレゼン得意】私のプレゼン力を上げてくれた本4冊プレゼン業務に苦手意識を持っていませんか?苦手な理由はこれまでに正しく勉強をしてこなかったからです。今回は、正しくプレゼンの勉強をするために私が実際に読んだ書籍を4冊ご紹介します。...

学士(理系))以上の学位

学位は保持しているだけである程度のスペックが客観的に評価できる1つの指標です。

学位が全てではありませんが、求人票の応募条件にはほぼ間違いなく”学士以上”と記載があります。

学位の種類与えられる条件
学士 4年生の大学を卒業すると与えられる
修士大学院の修士課程を修めると与えられる
博士大学院の博士課程を修めると与えられる
短期大学士短期大学を卒業すると与えられる

つまり、最低でも4年制の大学を卒業していることが外資系ベンチャー企業へ応募するためには必須です。

医療従事者の場合は3年制の専門学校が最終学歴というケースが多いと思いますが、残念ながらこの時点で自力での応募の道は断たれてしまいます。

ところが、転職エージェントを活用すれば学歴が不足していても、ポテンシャルで推薦してもらえる場合があります!

Sドラゴン
Sドラゴン
実際私は最終学歴が3年制の専門学校卒ですが、レジュメの内容でポテンシャルを評価してもらえて外資系ベンチャー企業に推薦してもらえました!

学位を持たない人にとって転職活動におけるレジュメは生命線です。

こちらの記事で企業人事の目に留まりやすいレジュメの書き方を紹介していますので、今からレジュメを作成される人は参考にしてみてください。

職務経歴書エディター
企業受け抜群!職務経歴書エディターを使った【受かる】レジュメの書き方受かる職務経歴書の書き方を知りたい方は必見!この記事では企業の採用担当から評価されるWEB作成ツールを使用した職務経歴書の作り方を解説しています。職務経歴書の作成が面倒だからといって同じ内容を使いまわしていませんか?実はその行為は多くの機会損失を生んでいることをご存知でしょうか。この記事を読めば少ない手間でもライバルに圧倒的な差をつける職務経歴書の書き方がわかります。...

外資系ベンチャー企業へ転職するための5つの条件のまとめ

外資系ベンチャー企業へ転職するための5つの条件をまとめます。

  1. 中級以上の英語力(英語でコミュニケーションが取れる)
  2. バイオ・メディカル業界での学術サポート経験
  3. 研究実績
  4. プレゼン力
  5. 学士(理系)以上の学位

現時点で全ての条件を満たしている人は市場価値が非常に高い人材なので、求人とのタイミングさえ合えば確実に外資ベンチャーへの転職は達成できます。

Sドラゴン
Sドラゴン
繰り返しますが、外資系ベンチャー企業の求人は限られた転職エージェントでしか取り扱いがありません。必ずJACリクルートメントもしくはランスタッドに登録するようにしてください。
  • 料金は最後まで完全無料
  • 長期的な転職サポート

JAC Recruitment公式サイト

  • 料金は最後まで完全無料
  • 短期間で高年収企業へ転職

ランスタッド公式サイトへ

もし、今から準備を始めるなら真っ先に英語力の向上から取り組みましょう。

日本人なら英語でコミュニケーションが取れるだけで市場価値は何倍にも高まります。

外資系ベンチャー企業に本気で転職したいなら、しっかり語学を身につけるようにしてください。

外資系ベンチャー企業に転職する方法ををもう少し詳しく知りたい人はCareerSuiteで現役社員、OB/OGから話を聞くことがおすすめです。

  • 現役社員やOB/OGから直接話が聞けるため情報の精度が高いです。
  • また、転職エージェントも兼ねているため話を聞いて興味を持った企業があればそのまま転職活動を進めることも可能です。
  • 登録無料!
  • 現役社員・OB/OGの両方から話が聞ける!

CareerSuite公式サイトへ