臨床検査技師

【企業の仕事に活かせる】臨床検査技師のスキル・経験6選|他職種の具体名も紹介

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

臨床検査技師を活かせる仕事はよく聞きますが、具体的にどのようなスキルや経験を活かせるのかについては言及されていないことがほとんどです。

抽象的で断片化された情報では、転職したくても実際に行動に移せないのは当然でしょう。

本記事は、臨床検査技師のスキルや経験を6つに細分化して、臨床検査技師を活かせる仕事の解像度を高めて解説しています。

  • 検査データを読む能力を活かす
  • 検査室・病院の内情の詳しさを活かす
  • 検査機器の使用経験を活かす
  • 検査の手技を活かす
  • 検査の知識を活かす
  • 個人的な人脈・ネットワークを活かす
Sドラゴン
Sドラゴン

転職でのミスマッチを未然に防ぐことにお役立てください。

検査データを読む能力を活かす

臨床検査技師は複雑な検査データを正確に読み解き、診断支援に貢献します。この能力はデータ分析、品質管理、臨床研究などで重宝され、患者の病態理解と治療計画の策定に不可欠です。精密な分析を通じて、治療の効果を高め、医療成果を向上させることが可能です。

データアナリスト/臨床データマネージャー

医療機関や製薬会社で、検査データを解析し、治療法の開発や患者の診断支援に活用する。

品質管理/保証職

医療機器や薬品の品質管理部門で、検査データを用いて製品の品質を保証する仕事。

治験コーディネーター(CRC)

治験候補患者を選定する際、検査データからスクリーニングすることから臨床検査技師の知識が活かせます。

検査室・病院の内情の詳しさを活かす

病院内の動きや流れを深く理解しているため、業務改善、コミュニケーション効率化、患者ケアの質向上に貢献します。この内部知識は、新しい検査技術の導入、プロトコルの最適化、チーム間の連携強化に役立ちます。

臨床コンサルタント

病院の運営や管理に関するアドバイスを行い、より良い患者ケアと効率化を図る。

医療機器営業

病院のニーズや運用を理解し、適切な医療機器やソリューションを提案する。

臨床開発モニター(CRA)

CRCと連携して治験を円滑に進めることが主なミッション。病院の内情に精通していると治験関連部署との調整の勘所が抑えられるため、円滑に業務を遂行できます。

検査機器の使用経験を活かす

最先端の検査機器を扱う能力は、技術革新が常に進む医療業界で価値が高い。新しい技術の習得、機器のメンテナンス、故障時のトラブルシューティングなど、機器関連のスキルは直接的に患者診断の精度と効率に影響します。

技術サポート/アプリケーションスペシャリスト

医療機器メーカーで、機器の操作方法やトラブルシューティングを顧客に提供する。

研究開発職

新しい検査技術や医療機器の開発に携わる。

検査の手技を活かす

精密な手技は、特に生体材料の取扱いや特殊な検査を行う際に重要です。これらの技術は、正確で信頼性の高い結果を得るための基盤となり、患者の安全と健康を守る上で欠かせません。

専門的な臨床検査技師

病院とは毛色の異なる特定の分野で高度な検査を行う。例えばNGSを使用した遺伝子検査やコンシューマ向けの細胞診など。

教育/トレーナー

新しい検査技師の教育や研修を行う。

検査の知識を活かす

幅広い医学知識と専門的な検査理論を持つことで、診断、治療計画の策定、新たな治療法や検査法の研究開発に貢献します。常に最新の医学情報を追い続け、知識を更新することで、医療の質を向上させることができます。

臨床研究コーディネーター

臨床試験の設計や管理を行い、検査知識を活かしたデータ収集や分析を行う。

医療情報提供職(MSL/メディカルライター)

医療機関や一般に向けた正確な医療情報の作成や提供を行う。

マーケティング

主に検査試薬・検査機器メーカーで販売促進計画を立案するポジション。検査の知識や競合情報を有していることから、他者との優位性を見出し、勝つためのアクションプランを作成します。

検査キットのプロダクトリード

近年の健康ブームから、ECサイトには検査キットが溢れています。一般消費者のニーズを先読みして、既存製品との差別化をはかれる検査キットの開発・ローンチを目指す職種です。

個人的な人脈・ネットワークを活かす

幅広い医療関係者とのネットワークを活用して、情報の共有、協力体制の構築、キャリアの発展に役立てます。特に、異なる専門分野や機関との連携は、医療の質を向上させ、患者さんにとってより良い治療環境を作るために重要です。

キャリアコンサルタント

これまでの人脈やネットワークを活かし、臨床検査技師や放射線技師、その他の医療職の人材紹介ビジネスを展開します。

営業/ビジネスデベロップメント

医療分野での人脈を活かし、新しいビジネスの機会を創出したり、パートナーシップを築く。

医療政策/公衆衛生

公衆衛生機関や政府部門で、政策立案や健康推進活動に関与する。

まとめ

これらの職種は、臨床検査技師が持つ専門知識や技術、経験を活かし、さらにキャリアを発展させる機会を提供します。

自身の興味やキャリアの目標に応じて、適切な職種を探求することが重要です。

キャリアチェンジで注意すべき点や失敗しないためのコツは下記の記事で詳細に解説しているので参考にしてください。

【保存版】臨床検査技師のキャリアチェンジ転職戦略と失敗回避の心得 本記事は、臨床検査技師から他職種に転職したい方に向けて記載しています。 私はこれまで複数回の転職を経験して、現在はバイオベン...
ABOUT ME
Sドラゴン
経歴:臨床検査技師(天理よろづ相談所病院)→胚培養士(不妊クリニック)→CRC(EP総合)→ASP(ロシュ)→研究開発・細胞培養(バイオベンチャー) 保有資格:臨床検査技師免許 、緊急臨床検査士 、二級臨床検査士(臨床化学/免疫血清学)