医療機器メーカー

【職種紹介】医療機器メーカーの営業のよくある質問を解説!

医療機器メーカーの職種別の役割と各職種間の関係性医療機器メーカーの職種別の役割と各職種間の関係性

医療機器メーカーの営業は他業界の営業とやることは変わりません。

自社製品を売ればOKのポジションですが、医療業界は他業界と異なることも多いので、現職が営業職だったとしても念入りに情報収集してください。

同じ外勤者(フィールドプレーヤー)のサービスエンジニア・アプリケーションスペシャリストなどのカスタマーサポート部隊とは所属・役割が大きくが異なります。

医療機器メーカー全体のQ&Aは【転職前に必読!】ヘルスケア業界の医療機器メーカーQ&Aで解説しているのでこちらもぜひチェックしてください。

仕事内容

新規顧客へ自社製品の販売

既存顧客のフォロー

業務内容解説

新規顧客への自社製品の販売

自社が扱う医療機器全般を新規顧客へ売ります。医療機器メーカーは1社で複数の領域の製品を扱っていることが多いため、初めのうちは覚えることが山のようにあります。また、せっかく覚えた製品が廃盤になり、後継機として新しい製品が出ると初めから覚え直す事になるため、ベテランになっても絶えず最新の製品情報を勉強し続けなければなりません。最近の医療機関勤務者は目が肥えており、知識がない営業マンから製品を買うことはないので、製品知識の獲得は必修科目です。その他、見積もりの作成や社内への各種申請手続きなど、新規顧客獲得時の業務内容は多岐に渡ります。

既存顧客のフォロー

いわゆるルート営業。既存顧客先への定期訪問や問い合わせ対応や、顧客案内の配布などのアフターフォローを行います基本的に、その施設の窓口は担当営業です。

卸との調整

医療機器メーカーは卸業者を味方につけなければ新規顧客を獲得することはできません。そのため、日頃から自分の担当エリアの卸業者とは密に連絡を取り合っておく必要があります。卸業者は施設に頻繁に出入りするため、卸業者しか知らない情報を持つことが多いため、ひいきにしておいて損はありません。

ノルマの有無

営業なので当然ノルマはあります。

基本的には前年度の実績を上回る数値に設定されることが多いです。

そのため、既存顧客をロストしなければ大幅にノルマ未達になることはないでしょう。

大変なのはめっちゃ売れた翌年。

試薬代で利益を出せる製品なら機器代を安くしておけばそこまで苦しむことはありませんが、機器売りだけで終わってしまう場合は、翌年も同じ程度の台数の機器を売らないとノルマを達成できないので正直しんどいです。

そのため、売りを翌年に回せる場合は翌年に回すなどして、ノルマ未達にならないように調整をかけることが苦しみを減らすためのコツです。

月収・年収1000万円達成できる?

年収は500万円〜800万円程度です。

年収の金額は会社で定められている給与規定に準じており、年功序列ではなく実力(グレード・等級)に応じて変動します。

グレード・等級は毎年行われる人事評価の査定により昇降しますが、滅多なことをしない限り年収が下がることはありません。

月収は手取りで30〜50万円程度です。

年収1000万円の可能性はプレーヤーのままでは難しいですが、マネージャーなどの管理職に昇格すれば達成可能です。

医療機器メーカーの年収事情を詳しく知りたい方はアプリケーションスペシャリストは稼げる?医療機器メーカーの年収の決め方を解説をチェックしてみてください。

Sドラゴン
Sドラゴン
アプリケーションスペシャリストを例にあげていますが、どの職種でも年収の決まり方は同じなので参考になると思います。

未経験・資格・英語力

外資でも日系でも、日本の顧客は日本人です。

そのため、日常業務で英語力が要求されることはありません。ただし、外資の場合は社内システムが英語だったりするため、読み書きレベルの英語力は必要かもしれません。

マネージャー・支店長クラスになると海外の社員や顧客とリモートでディスカッションする機会もあるため、コミュニケーションが取れるレベルの英語力が求められます。というか、英語力がないと上には上がれません。

医療機器メーカーの営業に特別な資格は不要。業界未経験でもできるのが営業の仕事の魅力です。他業界での営業経験者であれば、何社か応募すれば余裕で内定をもらえると思います。

働き方・働きやすさ・ワークライフバランス

医療機器メーカーは働きやすい職場が多いです。

フレックスタイム:始業時間・就業時間を自分で自由にコントロールできる。

直行直帰:自宅から直接施設に向かってOK、業務終了後も自宅に直接帰ってOK。

テレワーク:会社からPCやスマホが貸与されるため、どこで働いてもOKです。

社用車:移動は車でOK。一人1台社用車が貸与されることも。高速道路も会社費用負担で乗り放題。

やることさえやっておけば時間に縛られることがないので、他職種と比べるとはるかに自由度が増します。

駐車場とか人目につかない場所に車を止めて仮眠をとる人も多いですよ。

社用車があるので移動はストレスフリーですし、荷物の運搬にも困りません。

また、フレックスタイムを活用すれば平日でも市役所に行ったりと自分の時間を作れるので、ワークライフバランスも整えやすいです。

ただし、営業職は伝統的に?業務終了後は帰社して雑談しながらダラダラ仕事をしている人も多いため『帰りずらい』雰囲気はあるかもしれません。

転勤の有無とタイミング・拒否できる?

会社員なので転勤はあり得ますし、辞令が出たら断ることはできません。

特に、母体が大きな企業ほど支店の数が多く転勤の可能性も高くなります。

タイミングは1つの支店で3〜5年勤務したら転勤の辞令が出てもおかしくありません。

もしくは、優秀な成績をあげてより市場規模が大きな地域(忙しい地域)に栄転になることもあります。

反対に、業績不振や粗悪な行動が目立つ場合は島流し(地方に転勤)に合うこともあります。

ただし、企業によっては『地域限定制度』を設けていることもあり、年収が数%カットされる条件で転勤を免れる制度があったりします。

キャリアプラン・キャリアパス

医療機器メーカーの営業のキャリアプランは主に以下の4つです。

フィールドプレーヤーのまま居続ける

マネージャー(支店長)になる

同企業内の他職種に職種変更する

他企業の営業に転職する

体力が許すなら、フィールドプレーヤーで居続けることも可能です。実際、50代のプレーヤーも多数在籍しているので、全く問題はありません。

その他にも、マネージャーになって管理業務に従事することや、社内公募制度を利用して職種変更する道もあるため、営業のキャリアパスは選択肢が多いです。

また、大手医療機器メーカーに勤めているならベンチャー企業に転職するのも1つです。

特に外資系ベンチャー企業は少数精鋭で業務のレベルも高いため、現職に不満を抱えているなら選択肢の候補になります。

Sドラゴン
Sドラゴン
外資系ベンチャー企業はレベルが高い分、給料もめちゃ高でフィールドプレーヤーでも1,000万円以上が目指せます。

楽しさ・やりがい・メリット

自分の頑張り次第で大幅に年収がアップできる

スケジュール管理が自由なのでライフワークバランスが整えやすい

医療業界の知識が身に付く

医療機器メーカーは病院みたいな年功序列ではなく成果主義です。

そのため、自身の年収は年齢・勤続年数ではなく実力・成果・成績に応じて昇降します。

営業が評価をあげる方法は、売りを立てること。どの業界でも同じですが、営業は数字が全て。努力のプロセスは評価されないのでご注意を。

また、業務を全て自分の采配でコントロールできるため、休みたい日は休む、働く日は働く、みたいにメリハリをつけれるのも医療機関勤務と比べるとメリットといえます。

営業マンが製品を売るには最低限の業界の知識を身につけなければ顧客と対等に商談ができません。そのため、医療業界の特に自社製品の担当分野の疾患や治療、検査など一通りの知識が身につきます。

きつい・大変・ツラい・デメリット

医療機器メーカーの営業が辛い・キツいと言われる理由は主に以下の3点。

長時間労働(休日出勤)

高ストレス

立ち合いデモでの緊張

医療機器は患者さんの命がかかっていることもあるため、トラブル発生時は土日関係なく対応しなければなりません。そのため、常に社用携帯は手放せないですし、いつ電話がなるかわからない状態で四六時中気が休まることがありません。

慢性的なプレッシャーで高ストレスが続くためストレス耐性が高くなければあっという間に消耗してしまいます。

医療機器は購入前にデモ機の貸し出しがありますが、医師・患者さんの目の前でスムーズに操作できなかった時の視線はかなり痛いです。

求められる人材・向いてる人

顧客からの依頼を真摯に対応できる人

自分で調べる意欲がある(勉強熱心な)人

顧客を見下さない人

営業だから製品を買って欲しいのはよくわかりますが、顧客の悩みより自分の売りを優先する人はNG。

よくいるダメ営業は自分が売ることしか考えていないため、顧客からの依頼事項を後回しにしがち。

その結果、顧客からは嫌われ、狙っていた商談も破談になって上司からも見捨てられ何もかも失うって感じです。

製品を売る前に、まずは顧客の悩みを解消して信頼を獲得できる人が必要です。

医療機器メーカーには営業より製品に詳しい職種が多数在籍しています。そのため、ダメ営業は分からないことがあればすぐに誰かに聞いて自分で調べようとしません。

その結果、何回同じことを聞かれても答えられないし、いつまで経っても顧客から信頼されない人材が出来上がります。

顧客から質問されてわからないことがあれば、まずは自分で調べて自分なりの答えを出す。その状態で詳しい他職種に相談すれば自分の製品知識が高まり、『製品に詳しい営業』として顧客からも厚い信頼が得られます。

あとは、顧客を見下さない人。自分の提案が破談になった時に『オレの提案受けないとかアホやろ!』とわめき散らすのではなくて、『今回の提案はなぜ顧客に刺さらなかったのか?』を真剣に考えられる人が医療機器メーカーの営業には向いています。

女性でも活躍できる?

医療機器メーカーの営業は女性も多く活躍しています。

働きやすい環境が整っているため、若い女性から子育て世代の女性、ベテラン女性まで幅広い女性が活躍しています。

説明会や製品案内は女性の声の方が聞きやすいので、むしろ男性より向いてます。

医療機器メーカーの営業に転職する方法

医療機器メーカーの求人ページから応募する

求人サイトから応募する

転職エージェント経由で応募する

医療機器メーカー社員に紹介してもらう

この4つがあります。

4つ目の医療機器メーカー社員に紹介してもらうが1番簡単でラクに転職できる方法ですが、知り合いにメーカー社員がいなければ使えません。

最もおすすめなのは転職エージェント経由で応募する、です。

求人サイトや自社の求人ページからの応募は数が多くなるためどうしても学歴などでフィルターをかけることになり、選考のステージに乗れません。

そのため、学歴が低い人材にとっては不利な応募方法です。

一方、転職エージェント経由なら企業側は『転職エージェントが目利きした人材』と評価するため最低でも選考のステージに乗れます。

選考のステージにさえ乗ってしまえば、学歴は度外視で純粋にポテンシャルで評価されるため低学歴者でも高学歴者と対等に戦えます。

医療機器メーカーはヘルスケア業界・医療業界の企業です。

そのため、ヘルスケア業界・医療業界の転職に強い転職エージェントを利用することがサービスエンジニアへ転職するためのコツです。

ヘルスケア業界に強い転職エージェント
  • DODA
  • ビズリーチ
  • JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴JACリクルートメントの特徴

JACリクルートメントは管理職・エグゼクティブ・スペシャリスト等のハイクラス求人を専門に扱う高級転職エージェントです。

扱う求人はどれも年収600万円〜1500万円の高年収・高待遇なものばかりなので、登録しないのと非常にもったいない転職エージェントです。

  • JACリクルートメントの特徴
    • 管理職・エグゼクティブ・専門職などのハイクラス求人に特化
    • 国内外に34の拠点を設置|全世界のハイクラス求人をカバー
    • 両面型エージェント国内規模No.1|部門細分化によるハイレベルで長期的なサポート
  • JACリクルートメントの利用がおすすめな人
    • 専門性の高いスキルを持っており未経験分野への転職は考えていない
    • 質の高い求人だけに絞って紹介してもらいたい(量より質)
    • 長期的にキャリアの相談がしたい

JACリクルートメントをおすすめする理由

JACリクルートメントは大手・ベンチャー・外資・日系問わず、多くのアプリケーションスペシャリスト求人を取り扱っているからです。

上述の通り、JACリクルートメントは管理職・エグゼクティブ・専門職など扱う求人が限定的です。

そのため求人数が少なく使える方も限られますが、サポートしてくれるコンサルタントはよく訓練されていて、他社よりも圧倒的に質が高いので、転職エージェントの利用に不安がある方でも安心してサポートを任せられます。

Sドラゴン
Sドラゴン
条件に合致する求人が見つかるかは分かりませんが、JACリクルートメントには全員が必ず登録すべきです。
\年収600万円以上の求人を多数紹介/
長期的なお付き合いで一緒にキャリアを育ててくれる

DODA(デューダ)

DODAのサービス内容DODAのサービス内容

DODAは自社サービスだけでなく、他社のヘッドハンターからも転職サポートが受けれる転職エージェントです。

自社サービス

キャリアアドバイザーによる分業型サポート

採用プロジェクト担当による両面型サポート

分業型・両面型とは?
転職エージェントの2つのタイプ
分業型両面型
求職者と企業の担当者

企業と求職者で担当が異なる

同じコンサルタントが担当
担当コンサルタントの人数基本的には1名複数
紹介案件数多い少ない
企業への精通度低い高い
紹介求人のクラスミドルクラス求人以下ハイクラス求人
利用が向いてる人年収より選択肢の多さ(求人数)を重視する人求人数より高年収・専門性の高さを重視する人

分業型タイプ

企業と求職者の担当者がそれぞれ異なる。求人数を多く獲得できるメリットがある一方で、求職者担当の企業理解が乏しいケースが多い。求人の質より量を重視する転職エージェントが採用している方式。

両面型タイプ

企業と求職者をひとりのコンサルタントが担当する。ひとりのコンサルタントから紹介される求人数は限られているが、企業ニーズを詳細まで掴んでいるため質の高いサポートが受けられる。求人の量より質を重視する転職エージェントが採用している方式。

DODAの特徴と利用がおすすめな人
  • DODAの特徴
    • 自社両面型タイプ・自社分業型タイプ・他社の3種類のサポートが受けれるため紹介求人数が多い
    • 『レジュメビルダー』を使って無料で職務経歴書が作成できる
    • ヘルスケア業界のハイクラス求人と他業界のミドルクラス求人の両方を紹介してもらえる
  • DODAの利用がおすすめな人
    • ヘルスケア業界に限らず多くの選択肢の中から転職先を検討したい
    • 自分でも求人を検索したい
    • 転職を急いでいる

DODAをおすすめする理由

DODAをおすすめする理由はほぼ間違いなく転職エージェントサービスが受けられるため。

Sドラゴン
Sドラゴン
実は、転職エージェントに登録しても全員が100%サポートを受けれるワケではないんですよ。

これは転職エージェントが無料で使える理由と関係するんですが、無料で手厚いサポートを提供してくれる理由は、転職エージェントの紹介で転職が決定したら転職エージェントは採用企業から採用者の年収の30%〜200%を成功報酬として受け取れるからです。

例えば

年収提示金額が550万円の企業から内定をもらえたら、転職エージェントは165万円〜1100万円を受け取れることになります。

つまり、転職先での提示年収が高く、かつ採用される可能性が高い人材を優先的に選ぶ方が転職エージェントは儲かりやすくなるということです。

ヘルスケア業界に特化した転職エージェントは特にこの傾向が強く、現職の年収が最低でも500万円程度なければ相手にしてくれません。

一方、DODAは会社の規模が大きいため利益よりも求職者を優先的に考えてくれるため、登録すればほぼ間違いなく転職エージェントサービスが受けれるんですよ。

転職活動をはじめるならJACリクルートメントと同時に登録しておくべき転職エージェントです。

Sドラゴン
Sドラゴン
職務経歴書作成ツール「レジュメビルダー」を使えば、画面の指示通りに入力するだけで、見た目が綺麗で内容が充実したレジュメが簡単に作成できるため、転職活動が初めての方にピッタリです。
\3つの転職サービスで機会損失を防ぐ!/
エージェントサービスを受けれる可能性が最も高い

ビズリーチ

ビズリーチのサービス内容ビズリーチのサービス内容

ビズリーチは即戦力人材に特化した人材プラットフォームで、企業が条件にあった人材に直接アプローチして採用する『ダイレクトリクルーティング』を実現した人材データベースです。

ビズリーチの特徴と利用がおすすめな人
  • ビズリーチの特徴
    • 求人企業・ヘッドハンター・求職者が対等な立場で転職活動を進められる
    • 企業の採用担当者から良質なダイレクトオファーが届く
    • 総勢5132名(※2022年5月11日現在)のヘッドハンターからスカウトの可能性あり
  • ビズリーチの利用がおすすめな人
    • 企業の採用担当者から直接オファーが欲しい
    • 複数のヘッドハンターから多面的にサポートを受けたい
    • 優秀なヘッドハンターを逆指名したい

ビズリーチをおすすめする理由

ビズリーチをおすすめする理由は、現職の年収ではなくポテンシャルで採用してもらえるため。

転職エージェントは『転職エージェント経由で内定者が出た場合、成功報酬として内定者の年収の30〜200%が企業から支払われる』というビジネスモデルのため、ポテンシャルより現職の年収で登録者をふるいにかける年収フィルターが発動します。

Sドラゴン
Sドラゴン
現職が高年収の方は次の転職でも高年収が提示されることが多いため、転職エージェントの利益も高くなりますから。

一方、ビズリーチではダイレクトリクルーティングにより企業の人事担当から直接オファーが届くため、年収フィルターが発動することがなく、純粋にポテンシャルで登録者を評価してくれます。

Sドラゴン
Sドラゴン
むしろ、現職の年収が低いほど条件提示額も低く抑えられるため、ダイレクトリクルーティングの可能性は高くなります。

 

ビズリーチは有料会員と無料会員があり、有料会員にならなけれ全てのスカウトの閲覧・返信、求人情報の閲覧・応募ができません
ビズリーチの有料・無料会員の権限の違い
会員種別利用権限
無料会員・プラチナスカウトの閲覧・返信
・公募や特集求人への応募
・一般求人の検索・閲覧(企業名非公開)
有料会員全てのスカウトの閲覧/返信
・非公開求人を含む求人全ての閲覧/応募
・ヘッドハンター検索/閲覧
Sドラゴン
Sドラゴン
求職者から料金を徴収する理由は求人企業から初期費用を徴収しないためです。採用コストが安く抑えられるため、多くの企業はビズリーチを選択します。

また、有料会員はビズリーチ登録時の審査により決定したステージに応じて月額料金が変わります。

ビズリーチの2種類の有料会員
会員ランク利用権限
タレント会員・月額3,278円(税込)/30日
・年収1000万円以上の一般求人:応募不可
・ハイクラス専門ヘッドハンター:相談不可
ハイクラス会員・月額5,478円(税込)/30日
全ての一般求人に応募可能
全てのヘッドハンターに相談可能
Sドラゴン
Sドラゴン
もちろん無料で使い続けることもできるため、無料会員として登録だけしておき、無料で利用できるサービスだけ使えばOKです。

企業からのオファーは無料会員でも閲覧・返信できるプラチナスカウトなので、ダイレクトオファーが目的なら無料会員で十分です。

\無料会員なら利用料金は最後まで0円/
優良企業からのダイレクトオファーが届く可能性大