臨床検査技師

つまらない臨床検査技師を辞めてストレスを解消する具体的な手順を解説

臨床検査技師 つまらない ストレス

毎日同じことの繰り返しで飽きた

年収が低すぎて将来が不安になった

学会発表や勉強会を強要されてウザかった

しょうもない派閥争いにうんざりした

Sドラゴン
Sドラゴン
私はこんな毎日にストレスを感じ続けていたので、約5年勤めた病院を退職して臨床検査技師を辞めました。

子供を2人養える給料

時間に縛られることがなく自由な働き方ができる仕事

余った時間で副業にも挑戦

今でこそこんな充実した毎日を送れていますが、ここに来るまでにかなり時間が掛かって遠回りしたと思います。

 

この記事では、臨床検査技師を辞めてできるだけ苦労することなく、最短でストレスを解消する方法・転職先の探し方を解説します。

臨床検査技師を辞めたいと思われている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人

Sドラゴン(りゅうじん)

■奈良県天理市生まれ。最終学歴は3年制の専門学校卒。

■臨床検査技師⇨胚培養士⇨治験コーディネーターを経験して29歳で医療機器メーカーに入社。

■臨床検査技師をやめて良かった!こう思える方が少しでも増えるように自身の経験談を配信します。

詳細プロフィールはこちら

↓目次をクリックすればジャンプできます↓

【大前提】「つまらない」「ストレス」と感じているなら臨床検査技師は辞めるべきです

理由は辞めてよかった!臨床検査技師の将来性にまつわる3つの残酷な真実で詳しく解説していますが、要約すると下記の3点です。

臨床検査技師の給料は今後さらに上がりにくくなる

臨床検査技師の国家資格に希少性はない(この先技師があまっていく)

病院経営難で医療機関は減少の一途を辿る

はっきり言って臨床検査技師の仕事にプライドを持っている人でない限り、この先も臨床検査技師を続けるメリットはありません。

『臨床検査技師 ストレス』とか『臨床検査技師 つまらない』で検索されるような方は早々に見切りをつけて臨床検査技師を辞める方が賢明です。

せっかく苦労して取得した国家資格がもったいない。
Sドラゴン
Sドラゴン
病院以外でも臨床検査技師の資格を活かせる場所はたくさんあります。
臨床検査技師になるため支払ったコストがもったいなくて。。
Sドラゴン
Sドラゴン
いわゆるサンクコストの呪いって奴ですね。どこかで損切りしないと今の生活は一生変えれませんよ。
辞めたら忍耐力がない落ちこぼれって思われるんじゃ。。
Sドラゴン
Sドラゴン
変われない人は変わろうとする人を必ず否定します。そんなしょうもない奴らの相手はするだけ時間の無駄です。

まずは職務経歴書を作ってポテンシャルで評価してもらう土台を作りましょう

職務経歴書とは、求人に応募する際に履歴書と一緒に提出する書類で、あなたがこれまでに従事した業務内容や身についているスキル・PRポイントなどを企業人事に伝えるための超重要書類です。

職務経歴書を転職活動の最初に作成する理由はいろいろありますが、1番は転職エージェントへのアピールです。

ラクして良い求人を見つけるには、どれだけ転職エージェントを使いこなせるかにかかっているのですが、転職エージェントは登録者全員をサポートしてくれるわけではありません。

転職成功率が高そうな人材を優先してサポートする傾向があるため、登録時にライバルより転職成功率が高いことを訴求しなければ相手にされません。

もしあなたの学歴が平凡なものだったら、これまでの経験、つまりポテンシャルで評価してもらわなければライバルに勝ち目がありません。

職務経歴書はあなたのポテンシャルをアピールするための最強のツールなので、転職活動を始める前に必ず作成しておきましょう。

なお、職務経歴書の具体的な書き方は企業受け抜群!職務経歴書エディターを使った【受かる】レジュメの書き方で詳しく解説しているので参考にしてください。

転職エージェントに登録して転職市場をウォッチしてみましょう

転職にリスクはありますが転職活動、つまり情報収集はノーリスクです。

上司があなたのスマホをチェックすることなんて絶対ないんですから、水面下でバンバン求人を探せば良いんですよ。

当たり前ですが、職場のパソコンで求人なんて探したら絶対ダメですよ。

求人は転職サイトで1つ1つ求人をチェックするのは効率が悪すぎます。時間を有効に活用するためにも必ず転職エージェントを使ってください。

転職エージェントって登録した転職をゴリ押ししてくるって聞いたことがあるけど大丈夫なの?
Sドラゴン
Sドラゴン
確かに転職をゴリ押ししてくる転職エージェントもいますが、使うサービス次第です。

私の経験上、JACリクルートメントとDODAの2社なら転職をゴリ押しされることなく情報収集だけでも使えるので、まずはこの2社に登録すればOKです。

なんで2社?1社じゃダメなの?
Sドラゴン
Sドラゴン
JACリクルートメントとDODAでは守備範囲が違うので、両方使えば求人の取りこぼしを防げます。
費用けっこうかかるんでしょ?
Sドラゴン
Sドラゴン
転職エージェントは成功報酬型のビジネスモデルなので求人を紹介してもらうだけなら一切費用はかかりませんし、転職が成功しても費用を支払うのは企業なので、利用者は最後まで一円も支払う必要がないんです。
\3つの転職サービスで機会損失を防ぐ!/
エージェントサービスを受けれる可能性が最も高い

 

\年収600万円以上の求人を多数紹介/
長期的なお付き合いで一緒にキャリアを育ててくれる

 

登録時に希望条件を入力しますが、できるだけ自分の要望を具体的に記述してください。

転職エージェントはあなたの経歴と希望条件を照らし合わせて、条件にマッチする求人を紹介してくれますが、希望条件が抽象的だと紹介される求人が的外れだったり、最悪求人を紹介してもらえないこともあるため要注意です。

勘違いしないで欲しいことは、この段階では転職市場の現実を知ることが目的なので、紹介された求人に応募する必要はないです。

どんな求人が出ているのか

自分のキャリア・ポテンシャルは需要があるのか(応募できそうか)

自分の能力でもやっていけそうか

Sドラゴン
Sドラゴン
まずは紹介された求人をチェックしてこの辺をざっくり考えてみてください。

面白そう!とかやりがいがありそう!って思えたら、転職に向けて本格的に動き出せばOKです。

複数の転職エージェントに登録して選択肢を最大化しましょう

DODAとJACリクルートメントに登録した目的はあくまでも情報収集。

この2社は良く言えば良心的ですが、悪く言えば安全パイの求人しか紹介してくれません。

Sドラゴン
Sドラゴン
たくさんある求人の中から、採用される可能性が高そうなものをピックアップして紹介してくれる感じです。

これだと、滑り止め的な役割にはなっても難易度が高い優良求人に挑戦して飛躍することはできません。

解決策は選択肢を増やす=転職エージェントの登録数を増やして多面的にサポートを受けること。

ただし、闇雲に登録しても的外れ求人ばかり紹介されるだけなので、臨床検査技師のキャリアを活かせる求人を紹介してくれる転職エージェントに登録してください。

臨床検査技師のキャリアを活かせる求人は企業の他職種希望の臨床検査技師におすすめの転職エージェント5選で紹介している転職エージェントが多数取り扱っているので参考にしてください。

Sドラゴン
Sドラゴン
ここで紹介している転職エージェントは私が実際に利用して求人を多数紹介してくれた実績があるため、自信を持っておすすめします。

気になる求人が見つかれば能動的に情報を収集しましょう

よくある失敗例に、転職エージェントから送られてきた求人票の情報だけで転職を決断すること、が挙げられます。

求人票の情報は氷山の一角に過ぎず、見えていない情報が山のようにあります。

求人票の条件は氷山の一角に過ぎない

で、見えていない情報が実は真だったりするわけです。

するとどうなるか?

求人票の情報を信じて入社したのに、働き始めてみると事前の情報と全く違う状態に陥り、最終的には転職したことを後悔します。

こんな最悪の状態に陥らないようにするためにも、応募前に企業情報の収集は徹底的にやりましょう。

具体的な情報収集のやり方は求人票は信じるな!転職前の正しい情報収集のやり方と注意点を解説で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

求人企業の情報を転職前にしっかり収集すれば、転職後に後悔する可能性は限りなく低くなります。

Sドラゴン
Sドラゴン
求人探しは転職エージェントに任せて、あなたは紹介された求人の求人票には書かれていない情報を収集することに専念してください。

上司に退職の意思を伝える

求人企業の情報を精査して、良さそうと思ったら転職エージェントに応募の意思を伝えましょう。

Sドラゴン
Sドラゴン
求人企業とのやり取りや面接の日程調整も全て転職エージェントが代行してくれるので、通常業務で忙しくてもサクサク転職活動が進められますよ。

応募企業から内定をもらえれば退職の準備完了。

この段階で初めて上司に退職の意思を伝えましょう。

内定が出る前に退職の意思を伝えてしまうと『引き止めれば残ってくれる』と思われて強烈な引き止めに合い時間を無駄にします。

既に転職が決まっているので。

この一言で上司はすんなり諦めてくれるので、必ず内定をもらった状態で打ち明けるようにしましょう。

泣き落としや情に訴えてくるケースもありますが、内定が出ていれば気持ちが揺らぐこともありませんから。

転職先へ入社するまでのスケジュール管理には十分気をつけてください。

 

転職決定後の流れ
  1. 内定をもらった日
  2. 退職の意思を伝える日
  3. 退職日
  4. 転職先への入社日

注意すべきは②と③の期間。

どの病院でも『退職届は退職日の●ヶ月前に提出すること』と就業規則に書かれているはずです。

2週間前のこともあれば2ヶ月前のこともあるため、ここの確認は徹底してください。

Sドラゴン
Sドラゴン
ここをミスると転職先に入社日を後ろにずらしてもらうよう交渉する必要が出てきて、最悪内定取り消しにもなり得るので要注意です。

上司に退職の意思を伝えにくい

どうしても就業規則の記載日前にやめたい

こんな方は退職代行サービスを使用することも視野に入れておきましょう。

費用は発生しますが、会社への連絡は一切不要で即日から出勤しなくても退職できるため使いようはあると思います。

退職代行ガーディアン

まとめ:私は転職して世界が変わりました。次はあなたの番です。

『転職は最終手段。まずはできることから少しずつ変えていきましょう。』

私はこの考えには賛同できません。

部署移動をしたところで移動先の業務は今(同じ作業の繰り返し)と対して変わりません。

信頼できる上司に相談したところで、辞められないように丸め込まれるだけ。というか信頼できる人なんていません。

経験を積めば年収アップが期待できる?技師長クラスでもせいぜい600万円とかですよ。

臨床検査技師の仕事が面白くなくて、つまらなくて、ストレスを感じているなら、はっきり言ってあなたは臨床検査技師には向いていません。

検査室という狭い閉鎖空間から抜け出して、世界は広いということを知るべきです。

行動すれば人生は必ず好転しますので。