転職活動

【技師長が解説】30代の臨床検査技師が転職すべき3つの理由

30代の臨床検査技師が転職すべき理由は3つあります。

30代で転職すべき3つの理由

  • 合わない環境に身を置くことは愚の骨頂
  • 30代で実績(役職)が無いのはヤバい
  • 30代は転職できる最後のチャンス

結論、今の職場環境や業務内容に違和感があるなら、転職した方が良いです。モチベーションが低い今の状態で30代の貴重な時間を浪費してはいけません。

経験上、30代なら転職回数の累積が4回までなら問題視されることはありません。つまり、国家資格を保有するあなたにはチャレンジしてダメなら臨床検査技師に戻れるというアドバンテージがあります。

Sドラゴン
Sドラゴン

転職の具体的なアクションプランは本記事でも解説していますが、時間に余裕がないなら転職のプロに相談することもおすすめです。

臨床検査技師におすすめの転職サイトや転職エージェントは下記の記事で紹介しているので、あなたの目的に応じて最適なサイトを使用してみてください。

臨床検査技師におすすめの転職サイト15社から3社を厳選|徹底比較ランキングを発表!衛生検査所の管理責任者が臨床検査技師の転職を成功させるための情報を実体験と独自インタビューを元に提供。転職サイトや転職エージェントの選び方、目的別のおすすめサイト、転職時の注意点など、臨床検査技師の転職に関する詳細なガイドを掲載。あなたの転職活動をサポートします。...

合わない環境に身を置くことは愚の骨頂

私自身、仕事は嫌いです。ベーシックインカムで月50万円もらえるなら喜んで今月中に会社を辞めます。とういえ、そんな話は幻想。実際は生きていくために仕方なく働いています。

30代に入った今、さらに重要になるのが「環境選び」です。30代では仕事や私生活での責任も増え、自分に合わない環境で無理を続けることは、精神的・肉体的健康はもちろん、キャリアにおいても大きな痛手となり得ます。

合わないと感じた環境から脱却し、自分に合った環境を見つけ出すことは、自己実現と幸福への重要な一歩です。

30代で実績(役職)がないのはヤバい

20代で経験を積み、30代で実績を作り、40代以降は2,30代の経験を切り崩してしのぐ。これがキャリア構築で一般的な考え方です。

30代になると、多くの職場では実績や経験が評価され、リーダー、主任、プロジェクトリードなどの役職が与えられます。20代のうちに積んだ経験がこの時期のキャリアに大きく影響するわけですが、もし今のあなたが「実績がない」「役職がついていない」なら、これは積極的にスキルアップ・キャリアチェンジを図り、新しい実績を作り出すための警鐘と捉えるべきです。特に、35歳を過ぎて何の実績も持たず一般職員のままなら、同世代と比べて確実にキャリア形成が遅れています。

専門資格の取得、外部研修・学会への参加、論文投稿やプロジェクトリーダーの経験など、自らをアピールできる実績を積める職場に転職しなければ、辛い40代が待っています。

30代は転職できる最後のチャンス

30代は、多くの人にとって転職を考える上での「最後のチャンス」とも言われます。

この時期の転職は、ある程度の専門性や経験を有する「即戦力」が求められるため、転職市場においても競争が激しくなります。しかし、それは同時にこれまでの経験を生かし、より高いポジションや、自分にとって理想的な職場へとステップアップできるチャンスでもあります。

30代の転職は、20代のように「闇雲に応募すれば受かる」というほど甘くはありません。自己分析と市場研究をしっかり行い、戦略的にアプローチすることが転職成功への鍵です。

自分の価値を高め転職を成功させるために、30代という貴重な機会を活かしましょう。

30代臨床検査技師の具体的な転職準備

転職を決断しても、初めてのことで何から手をつければ良いかわからいのは当然のことです。ここでは、転職を決断した30代のあなたが実際にとるべき具体的なアクションプランを解説します。

スキルと経験の棚卸し

自己分析

これまでの職務経験、取得したスキル、業績やプロジェクトでの実績を整理し、自己PR資料(職務経歴書)を作成します。

市場調査

現在の市場ニーズと自己のスキルセットを比較し、必要な資格や経験があるか確認し、足りない部分は補うための計画を立てます。

キャリアプランの明確化

長期目標の設定

将来どのようなポジションでどのような働き方をしたいのか、具体的なキャリアビジョンを描きます。

短期目標の設定

長期目標に到達するための短期的な目標を設定し、それに向けた転職活動の戦略を練ります。

ネットワーキングと情報収集

業界情報の収集

転職希望の業界や職種のトレンド、求められるスキル、企業文化などの情報を集めます。

人脈の構築

関連する業界のネットワーキングイベントに参加したり、既存のネットワークを活用して、業界のリーダーや同僚、メンターとの関係を深めます。また、転職エージェントやキャリアコンサルタントとの連携も視野に入れます。

【参考情報】転職エージェントと連携するメリット

転職エージェントやキャリアコンサルタントと連携することは、以下の理由により転職活動において大きなメリットを提供します。

専門的な市場情報の提供

転職エージェントやキャリアコンサルタントは、現在の雇用市場のトレンド、求人情報、業界のニーズなどについて最新の情報を持っています。彼らはこれらの情報を基に、あなたの経験やスキルにマッチする職種や業界、そして具体的な求人を提案してくれます。

未公開求人へのアクセス

多くの優れた求人は一般には公開されず、エージェントやコンサルタントを通じてのみアクセス可能です。これらの専門家と連携することで、より多くの選択肢と、他の応募者にはない機会を得ることができます。

履歴書・面接対策のサポート

転職のプロとして、彼らはあなたの履歴書や職務経歴書のブラッシュアップを手助けし、効果的な面接戦略を提供してくれます。これにより、応募書類の質を高め、面接でのパフォーマンスを向上させることができます。

交渉力の強化

給与や労働条件などの交渉はデリケートな問題です。転職エージェントやキャリアコンサルタントは、これらの交渉を代行し、あなたにとって最も有利な条件を引き出すことに長けています。

まとめ

30代でも積極的に転職すべき理由を解説しました。私自身、35歳の時点で4度の転職経験がありますが、その経験が今のキャリア形成に繋がっていると確信しています。

そして重要なことは、たとえ転職が思い通りにいかなかったとしても、転職失敗も成長への一歩ということです。

失敗は自己理解を深め、適切なキャリア選択に役立つ貴重な経験となります。多様な経験は長期的なキャリアを豊かにし、新たなチャンスを引き寄せるでしょう。

失敗を恐れず、転職を通して新しい環境での挑戦、スキルアップ、さらには人生の充実を目指しましょう。

あなたの勇気ある一歩が、より良い未来への扉を開くことになるかもしれません。

Sドラゴン
Sドラゴン

転職について自分で考えたり調べたりする余裕がないなら、転職のプロに相談すればより確実性が増します。

私が過去の転職活動で実際に利用して満足度が高かった転職のプロは、下記の記事で紹介しています。今後の転職活動の参考になれば幸いです。

臨床検査技師におすすめの転職サイト15社から3社を厳選|徹底比較ランキングを発表!衛生検査所の管理責任者が臨床検査技師の転職を成功させるための情報を実体験と独自インタビューを元に提供。転職サイトや転職エージェントの選び方、目的別のおすすめサイト、転職時の注意点など、臨床検査技師の転職に関する詳細なガイドを掲載。あなたの転職活動をサポートします。...
ABOUT ME
Sドラゴン
経歴:臨床検査技師(天理よろづ相談所病院)→胚培養士(不妊クリニック)→CRC(EP総合)→ASP(ロシュ)→研究開発・細胞培養(バイオベンチャー) 保有資格:臨床検査技師免許 、緊急臨床検査士 、二級臨床検査士(臨床化学/免疫血清学)