臨床検査技師

【臨床検査技師】産休・育休・長期ブランク復帰時の注意点と対策

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

臨床検査技師の産休・育休・長期ブランク復帰時の注意点

最新の情報の習得

臨床検査技師の分野は常に進歩しており、新しい技術や手法が導入されることがあります。復帰前に、最新のガイドラインやプロトコル、装置の操作方法などを確認し、必要な情報を習得しておきましょう。

スキルの復習

長期の休暇やブランク期間中に技術や知識が退化してしまうことがあります。復帰前に、基本的なスキルや手技の復習を行い、自信を持って業務に取り組めるようにしましょう。

プロフェッショナリズムの維持

臨床検査技師としての職業倫理やプロフェッショナリズムを維持することが重要です。復帰後は、適切なコミュニケーションや患者のプライバシー保護、安全対策などを念頭に置き、職務を遂行しましょう。

チームワークとコラボレーション

復帰後は、チームメンバーや他の医療専門職との協力や連携が求められます。適切なコミュニケーションや協調性を持ちながら、円滑なチームワークを築きましょう。

健康管理

育児や産後の体調管理に加えて、自身の健康管理も大切です。適切な休息やストレス管理、適度な運動や食事などを心がけ、自身の健康を維持しましょう。

プランニングと時間管理

育休や産休から復帰する場合、仕事と家庭の両立が求められることがあります。スケジュールの調整や時間管理のスキルを活用し、効率的に仕事をこなせるように計画を立てましょう。

臨床検査技師の産休・育休・長期ブランク復帰時の対策

サポートの活用

復帰時には、上司や同僚、労働組合などのサポートを活用することも重要です。復帰に際しては、以下のようなサポートを活用することが役立つでしょう。

上司や同僚とのコミュニケーション

復帰前に上司や同僚と面談を行い、業務の変更や新しいプロジェクトについて話し合いましょう。彼らとの密なコミュニケーションを通じて、復帰に伴う課題やニーズを共有し、適切なサポートを受けることができます。

メンターの存在

経験豊富な臨床検査技師や専門家をメンターとして迎えることも有益です。彼らからのアドバイスや指導を通じて、復帰後のスキルアップやキャリアの発展を図ることができます。

継続的な教育とトレーニング

分野の進歩や新しい技術に追いつくために、継続的な教育やトレーニングプログラムに参加することを検討しましょう。専門知識の更新やスキルの向上に役立ちます。

心理的なサポート

育休や産休後、仕事への復帰は新たな調整を必要とする場合があります。心理的なサポートを受けることで、ストレスや不安を軽減し、仕事への復帰をスムーズに進めることができます。職場内のカウンセリングサービスや専門家の支援を利用することができます。

ワークライフバランスの確保

育休や産休からの復帰は、家庭と仕事の両立に関わる課題もあります。柔軟な労働時間やリモートワーキングのオプション、家庭との調整のための休暇制度など、職場が提供するワークライフバランスのサポートを活用しましょう。

他の職場へ転職する

育休・産休の場合、復帰後に復帰前と同じ業務ができるとは限りません。

ワークライフバランスを確保するために、フォローできるメンバーが多い部署、緊急性が低い部署などに部署異動させられるケースがあります。

Sドラゴン
Sドラゴン
あまり考えたくはありませんが、不慣れな部署へ異動させることで自主退職に追い込むなどの劣悪なケースも少数ながら存在します。

上記のように、復帰後にあなたが望まない部署に異動することになると仕事もプライベートも不慣れな状態のため心身困憊の状態に陥ります。

そんな時は、復帰前と同じ業務ができる職場に転職することも選択肢の1つ。

育休明けの退職は合法

育休は復帰前提の制度ですが、復職しなくても退職できます。子供の預け先がない、子供の体調やメンタル面で不安があるなど、やむを得ない事情で退職するママもいるのです。

平成30年度雇用均等基本調査 によると、平成30年度に育休を取得した10.5%のママが育休後に退職しています。このように復職するつもりで育休に入っても、復職せずに退職するママもいるもの。事情はそれぞれ違いますが、育休明けに退職できないわけではないので、まずは会社に相談するのがいいでしょう。

育休中の退職・転職でも育児休業給付金はもらえる

復職するつもりで育休を取得しても、さまざまな事情で退職・復職しないといけない場合もあります。保育園に入れなくて仕事を続けられなくなったり、周りに頼れる人がいなくて外に出られなかったりと、事情によっては復職できないこともあるでしょう。

「復職するつもりでいたけど、復職できなくなった…」という方は、育児休業給付金はもらえないのでしょうか?答えは復職するつもりで育休に入っているなら、育休後に退職・転職しても育児休業給付金はもらえます。退職・転職が決まっても育児休業給付金を返金する必要もないので安心してください。

他職種へ転職する

「ワークライフバランスを保つのが難しい」

「時短は周囲に迷惑がかかるからなんだか気を遣ってしんどい。」

育休・産休復帰後の多くの方がこのような悩みを抱えていることも事実です。

臨床検査技師はテレワークもフレックスタイムもないため、育児と仕事の両立はややハードルが高い職種といえます。

そんな時は、治験コーディネーターやメーカー学術などの他職種に転職することでワークライフバランスを改善できる可能性があります。

テレワークやフレックスタイムはメディカル・ライフサイエンス業界の企業の多くが導入しているため、転職することで育児と仕事の両立が容易くなります。

Sドラゴン
Sドラゴン
企業は年収が臨床検査技師よりも圧倒的に高いため、ワークライフバランスを改善しながら年収アップも期待できます。

臨床検査技師の資格を持っていればメディカル・ライフサイエンス業界に特化した転職エージェントを利用すれば多くの求人を紹介してもらえます。

ぜひ、他職種への転職も視野に入れてみてください。

臨床検査技師におすすめの転職サイト15社から3社を厳選|徹底比較ランキングを発表!衛生検査所の管理責任者が臨床検査技師の転職を成功させるための情報を実体験と独自インタビューを元に提供。転職サイトや転職エージェントの選び方、目的別のおすすめサイト、転職時の注意点など、臨床検査技師の転職に関する詳細なガイドを掲載。あなたの転職活動をサポートします。...
ABOUT ME
Sドラゴン
経歴:臨床検査技師(天理よろづ相談所病院)→胚培養士(不妊クリニック)→CRC(EP総合)→ASP(ロシュ)→研究開発・細胞培養(バイオベンチャー) 保有資格:臨床検査技師免許 、緊急臨床検査士 、二級臨床検査士(臨床化学/免疫血清学)