30代の転職

【最新の転職戦略】生成AIを活用して職務経歴書の完成度を高める方法

ChatGPTなどの生成AIは転職活動でフル活用すべき現在の転職で欠かせない神器の1つです。

この記事では、生成AIを活用した職務経歴書の作成方法を解説します。

Sドラゴン
Sドラゴン

私はこの方法で35歳で5回目の転職に成功できました。

ChatGPTを利用する場合はGPT4(有料版)を活用することをおすすめします。

Step1:生成AIでレジュメを作成するための材料

職務経歴を整理する

職務経歴を整理することで、生成AIはあなたの経験に基づいたパーソナライズされた自己PR、長所、短所を生成できます。これにより、過去の成果を強調し、職務経歴書全体の一貫性を保ちながら、短所を成長の機会として正しく表現できます。

異なる職種への応募に際しても、カスタマイズされた内容を容易に作成できるため、効果的な職務経歴書の作成に不可欠です。

16Personalities診断を受ける

16Personalities診断は、MBTI(マイヤーズ=ブリッグス性格類型指標)に基づいた性格診断ツールです。16種類の性格タイプに分類し、個人の嗜好、行動パターン、対人関係のスタイルなどを分析します。

質問に回答することで、自己理解を深め、仕事や人間関係での適切なアプローチを見つける手助けとなるため、転職活動を行う際は診断されることをおすすめします。

エネルギーの源、情報処理の仕方、意思決定の基準、生活のスタイルに着目し、各個人のユニークな性格プロファイルを描き出してくれるため、応募起業の求める人材増や求人の業務内容との親和性を生成AIがカスタマイズしてくれます。

あなた特有の特性・性格を洗い出しておく

性格や行動に顕著な特徴をもたらす状態や特性の存在を洗い出します。これらは性格の一面よりも、しばしば神経生理学的な特性や発達障害の範疇に入ります。

例えば、HSPやADHD、アスペルガー、双極性障害、境界性パーソナリティー障害、ADDなどが挙げられます。

Sドラゴン
Sドラゴン

AIで自己分析を行う場合、インプットが多いほど他者と差別化した結果を生成してくれます。

Step2:AIで自己PR・長所・短所を生成する

生成AIを活用してレジュメを作成する際、まずは職歴やスキルセットを入力して、基本的なレジュメの枠組みを生成させます。

Step1で集めた材料を生成AIにプロンプトとして入力します。

プロンプト例

私は16Personalities診断でISTP-Aです。また、ADHDのグレーゾーンでHSS型HSPの特性があります。
職務内容を参照し、自己PRと長所、短所を教えてください。

ChatGPTの回答

あなたの職務経歴と特性を踏まえて、自己PRとしての長所、短所を提案します。

【自己PR】

多様な医療関連業務において、実務とリーダーシップの両方で成果を出してきました。臨床検査技師としての専門知識を活かし、研究開発から衛生検査所の管理、医療機器の導入支援まで、幅広いプロジェクトを成功に導いています。ISTP-Aの特性として、理論的なアプローチと実践的な解決策を提供し、臨機応変に問題を解決してきました。また、ADHDのグレーゾーンとHSS型HSPの特性を活かし、多忙な環境下でも新しい情報の迅速な取り込みと、高い感受性をもってチームのニーズを理解しています。

【長所】

多様な経験: 医療技術の専門家として多岐にわたる経験があり、それぞれの職務で具体的な成果を上げています。

問題解決能力: 複雑な課題に対し、合理的かつ創造的な解決策を提案し、プロジェクトを成功に導く能力を有しています。

チームリーダーシップ: プロジェクトリーダーとして、研究開発から製品ローンチまで、チームを指揮し目標達成を実現してきました。

【短所とその改善策】

過度な自由志向: ISTP-Aの特性として自由を重視するため、厳格なルーティンや規則に縛られる環境ではストレスを感じることがあります。: ストレス管理技術(瞑想、運動など)を学び、適宜休息を取ることで、パフォーマンスを維持します。

細かい作業への集中: ADHDの特性により、緻密な作業に対する持続的な集中が課題となることがあります。

過敏な反応: HSS型HSPとして、周囲の環境変化に対する過敏な反応が、時にストレスの原因になることがあります。

これらの長所はあなたの多様なキャリアを反映しており、短所もあなたの自己認識と成長への取り組みを示しています。職務経歴書では、これらの点を具体的な経験や成果と結びつけて記述することをお勧めします。

Sドラゴン
Sドラゴン

生成内容で違和感がある箇所は指摘することで修正案を提示してくれます。納得のいく状態に仕上げましょう。

Step3:生成内容を具体的な経験や成果で補足する

レジュメにおいて、具体的な経験や成果を明記することは非常に重要です。これにより、あなたのスキルや能力が実際の業務でどのように役立つかを、採用担当者に具体的に理解してもらうことができます。特に、30代の転職者はこれまでのキャリアで蓄積した経験やスキルを前面に押し出すことが求められます。

Step2で生成した内容に以下の点を踏まえて具体的な経験や成果を追加していきます。

  1. 成果を定量的に表現する: 「売上を20%増加させた」「顧客満足度を10ポイント向上させた」など、成果を数字で表現することで、あなたの貢献度を明確に伝えることができます。
  2. 問題解決能力を示す: 過去に直面した問題や課題と、それをどのように解決したかを具体的に記述します。この際、AIを使用してキーワードを提示させ、それを基に詳細な内容を展開することも有効です。
  3. プロジェクト管理能力をアピールする: 大規模プロジェクトの管理やチームリードの経験がある場合は、その規模や成果、チームでの役割を具体的に記述します。
  4. 独自のスキルや専門知識を強調する: 特定の技術や専門分野での深い知識がある場合、それをどのように業務で活用したかの事例を記述します。
Sドラゴン
Sドラゴン

AIが生成した内容は既視感が強くなりがちですが、そこに具体的な経験や成果を補足することであなただけのオリジナルのレジュメが完成します。

Step4:レジュメに自身の感情を込める

AIは文章の構成や論理的な内容を生成することは得意ですが、感情が欠落しているため生成された文章にはどこか冷たさを感じます。

人間が最終的に求めるものは感情です。あなたがどれだけハイスペックで理路整然としたレジュメを提出しても、採用担当者の感情が動かなければ良い結果は生まれません。

ここでは、レジュメに感情を込める具体的な方法を3つります。

熱意と目標を明確にする

自分のキャリアや仕事に対する熱意を文章に表現することで、読み手に情熱が伝わります。また、将来の目標を具体的に述べることで、自分がそのポジションに真剣に取り組む準備ができていることを示すことができます。例えば、「この分野で成長し、チームの一員として貢献したい」というように、自分のキャリアビジョンやその職場での役割に対する熱意を伝えます。

個人的な経験やストーリーを共有する

自分の経験や達成を単なる事実の羅列に留めず、それらが自分にどのような影響を与えたか、どのような学びや成長があったかを共有します。例えば、特定のプロジェクトで直面した課題とそれを乗り越えた過程を語ることで、リーダーシップや問題解決スキルだけでなく、持続可能な成長や逆境への対応能力を示すことができます。このような個人的なストーリーは、読み手にあなたの人間性や価値観を伝えることができます。

感謝の気持ちを表現する

レジュメの最後に、読み手や潜在的な雇用主に対する感謝の言葉を加えることで、謙虚さと礼儀正しさを示すことができます。また、その機会を与えてもらえることに対する前向きな期待感を伝えることも大切です。例えば、「この機会を通じて、私はさらに成長し、貴社に価値を提供できると信じています。ご検討いただき、ありがとうございます。」のように述べることで、あなたのプロフェッショナルな姿勢とともに、人としてのあたたかみを感じさせることができます。

Sドラゴン
Sドラゴン

これらの方法を通じて、レジュメに自分自身の感情を込めることで、採用担当者に対してより人間的で魅力的な印象を与えることができます。ただし、プロフェッショナリズムを保ちつつ、自然体で真実性のある表現を心がけることが重要です。

まとめ

この記事では、生成AI、特にGPT-4を活用した転職活動における職務経歴書の作成方法について解説しました。私の実体験に基づき、AIを使ってパーソナライズされたレジュメを作成するステップを紹介しましたが、このプロセスは、自身の経験と特性を深く理解し、それを効果的に伝えるレジュメを作成するのに役立ちます。

本記事のまとめ

  • 材料の収集: まず、職務経歴を整理し、16Personalities診断を受けて性格タイプを理解し、個性や特性を洗い出します。これにより、AIによる自己PRの生成が可能になります。
  • AIで自己PRを生成: 次に、収集した情報を元に、AIを使用して自己PR、長所、短所を生成します。この際、個々の特性や経験に基づいたカスタマイズされた内容を作成できます。
  • 経験や成果で補足: 生成された内容に具体的な経験や成果を追加し、レジュメを具体性と説得力で強化します。成果は定量的に表現し、問題解決能力やプロジェクト管理能力をアピールします。
  • 感情を込める: 最後に、レジュメに熱意や目標、個人的なストーリー、感謝の気持ちを含めることで、文書に感情を加え、採用担当者にあなたの人間性を伝えます。

このアプローチは、ただの職務経歴書を超え、あなたの個性や価値を際立たせることで、転職活動を成功に導く強力なツールになります。

Sドラゴン
Sドラゴン

生成AIを上手に活用すれば転職市場での差別化と個人の魅力を最大限に引き出ことが可能です。

現在の転職神器を使いこなして、転職活動を成功させましょう。

ABOUT ME
Sドラゴン
経歴:臨床検査技師(天理よろづ相談所病院)→胚培養士(不妊クリニック)→CRC(EP総合)→ASP(ロシュ)→研究開発・細胞培養(バイオベンチャー) 保有資格:臨床検査技師免許 、緊急臨床検査士 、二級臨床検査士(臨床化学/免疫血清学)