転職活動

【技師長が解説】20代の臨床検査技師が転職すべき3つの理由

20代の臨床検査技師が転職すべき理由は3つあります。

20代で転職すべき3つの理由

  • 合わない環境に身を置くことは愚の骨頂
  • 経験値は20代に溜めるべき
  • 20代の若手は転職難易度が低い

結論、今の職場環境や業務内容に違和感があるなら、転職した方が良いです。モチベーションが低い今の状態で20代の貴重な時間を浪費してはいけません。

経験上、20代なら転職回数が2回でも問題視されることは少ないです。つまり、国家資格を保有するあなたには一度チャレンジしてダメなら臨床検査技師に戻れるというアドバンテージがあります。

Sドラゴン
Sドラゴン

転職の具体的なアクションプランは本記事でも解説していますが、時間に余裕がないなら転職のプロに相談することもおすすめです。

臨床検査技師におすすめの転職サイトや転職エージェントは下記の記事で紹介しているので、あなたの目的に応じて最適なサイトを使用してみてください。

臨床検査技師におすすめの転職サイト15社から3社を厳選|徹底比較ランキングを発表!衛生検査所の管理責任者が臨床検査技師の転職を成功させるための情報を実体験と独自インタビューを元に提供。転職サイトや転職エージェントの選び方、目的別のおすすめサイト、転職時の注意点など、臨床検査技師の転職に関する詳細なガイドを掲載。あなたの転職活動をサポートします。...

合わない環境に身を置くことは愚の骨頂

私自身、仕事は嫌いです。ベーシックインカムで月50万円もらえるなら喜んで今月中に会社を辞めます。とういえ、そんな話は幻想。実際は生きていくために仕方なく働いています。

20代は自己成長の黄金期です。この時期に合わない環境に甘んじて時間を浪費するのは賢明ではありません。自分に合わないと感じる環境、価値観が合わない同僚・先輩技師、成長の機会が限られている職場では自己実現も難しく、ストレスが蓄積される一方で何も生み出さない無駄な時間です。

自分の可能性を信じ、勇気を持って新しい環境への一歩を踏み出すことが、将来の成功に繋がります。

経験値は20代に溜めるべき

20代は新しいことを学ぶのに最適な時期です。多様な職種や業界で経験を積むことは、将来のキャリアを豊かにする貴重な財産となります。

また、様々な職場での経験は視野を広げ、問題解決能力や対人スキルを向上させることにもつながるでしょう。

ただし、新たな経験を積み、さらなるスキルアップを目指すための転職が通用するのは20代まで。30代になると転職市場では即戦力が求められます。新たな挑戦のための転職は難易度が格段に上がることから、動くなら20代の今がベストです。

20代の若手は転職難易度が低い

20代の転職市場は活発で、多くの病院・企業が若い才能を求めています。実務経験が少なくても、学習意欲や柔軟性、将来のポテンシャルを重視する病院・企業は多いため、20代のうちに転職を考えることは今後のあなたのキャリアを構築する上で非常に有利に働きます。

また、キャリアの初期段階では、異業種や異職種への挑戦も比較的受け入れやすく、自分に合った職業や働き方を見つけることができるでしょう。

転職はリスクを伴いますが、若いうちからの挑戦は、長い目で見ると大きなリターンにつながる可能性を秘めています。

転職意欲があるなら、積極的にチャレンジしてみてください。

20代臨床検査技師の具体的な転職準備

転職を決断しても、初めてのことで何から手をつければ良いかわからいのは当然のことです。ここでは、転職を決断したあなたが実際にとるべき具体的なアクションプランを解説します。

キャリア・目標を明確にする

自分が仕事に何を求めているのか、どのような環境で働きたいかを考える。

市場調査を行う

希望する業界や職種の市場状況を調査し、どのようなスキルが求められているかを把握する。

ネットワーキング

業界のイベントやセミナーに参加し、同業者や異業種の人との繋がりを広げる。

キャリアプランがはっきりしないなら

条件面で満足できる職場を探すことは有効な戦略です。例えば、休日が多いことや給与が高いことなど、自分にとって大切な条件を満たす職場を選ぶことで、ワークライフバランスの改善や生活の安定を図ることができます。

まとめ

20代でも積極的に転職すべき理由を解説しました。私自身、20代で3度の転職経験がありますが、その経験が今のキャリア形成に繋がっていると確信しています。

そして重要なことは、たとえ転職が思い通りにいかなかったとしても、特に20代であれば時間的精神的な余裕があり、再度挑戦する機会はたくさんあるということです。

失敗を恐れず、転職を通して新しい環境での挑戦、スキルアップ、さらには人生の充実を目指しましょう。

あなたの勇気ある一歩が、より良い未来への扉を開くことになるかもしれません。

Sドラゴン
Sドラゴン

転職について自分で考えたり調べたりする余裕がないなら、転職のプロに相談すればより確実性が増します。

私が過去の転職活動で実際に利用して満足度が高かった転職のプロは、下記の記事で紹介しています。今後の転職活動の参考になれば幸いです。

臨床検査技師におすすめの転職サイト15社から3社を厳選|徹底比較ランキングを発表!衛生検査所の管理責任者が臨床検査技師の転職を成功させるための情報を実体験と独自インタビューを元に提供。転職サイトや転職エージェントの選び方、目的別のおすすめサイト、転職時の注意点など、臨床検査技師の転職に関する詳細なガイドを掲載。あなたの転職活動をサポートします。...
ABOUT ME
Sドラゴン
経歴:臨床検査技師(天理よろづ相談所病院)→胚培養士(不妊クリニック)→CRC(EP総合)→ASP(ロシュ)→研究開発・細胞培養(バイオベンチャー) 保有資格:臨床検査技師免許 、緊急臨床検査士 、二級臨床検査士(臨床化学/免疫血清学)