転職活動

【電話苦手】HSS型HSPにオススメの転職エージェント3選

この記事で紹介する転職エージェントは、下記のいずれかに該当する方向けです。

  • なるべく電話で話したくない
  • 強引に応募を進められたくない
  • 自分を否定されたくない
  • 何回も同じ説明をしたくない

私はADHDのグレーゾーンで、HSS型のHSPです。

【HSS型HSPの特徴】

  • 新しいものが好きで飛びつくが、すぐに飽きてしまう
  • 外に出かけるのは好きだが、人混みや騒音などで帰ってからぐったりしてしまう
  • 周りからは明るく社交的で元気と言われるが、実はそうではない
  • 周りからは落ち着いていると言われるが、実は心の中で焦っている
  • 初対面で打ち解けるのは得意だが、だんだん疲れて距離ができる
  • 大胆な行動をとるわりに、些細なミスを引きずってしまう
  • 好奇心旺盛ではあるが、常にどこかで警戒している

出典:【HSS型HSPとは】矛盾に苦しむ・・・社交的で刺激を求めるのに傷つきやすい人

ある程度まで仕事ができるようになると飽きてしまって、すぐ転職したくなるのがHSS型HSP。

Sドラゴン
Sドラゴン
いつでも転職できるように、私は年中転職サイト・転職エージェントを利用して求人情報をチェックしています。

これまでにDODA、リクルートダイレクトスカウト、iX転職、ビズリーチ、ランスタッド、JACリクルートメントと色々な転職エージェントを使ってきましたが、私(HSS型HSP)と相性が良いと感じた転職エージェント、悪いと感じた転職エージェントを理由と共に紹介します。

新しいことに挑戦することが好きだけど、内向的という矛盾の中で生きてる人は、ぜひ参考にしてください。

HSS型HSPにオススメの転職エージェント3選

  • JACリクルートメント
  • DODA
  • ビズリーチ

HSS型HSPにオススメする理由

ご紹介した3つの転職エージェントは、電話の数・面談の数が少ないため、コンサルタントと直接会話する機会を極限まで避けながら求人を探せる転職エージェントです。

コンサルタントが直接話をしたがる理由は3つあります。

求職者の基本情報のヒアリング

転職活動の背景・希望条件などの求職者側の情報収集が目的 。

求人企業情報のダウンロード

求人票では説明できないコアな情報。求職者への情報提供が目的。

希望条件変更の打診

手持ちの求人に応募してもらうために条件変更させることが目的。

求職者の基本情報を社内で一元管理している転職エージェントを使えば、同じことを何度も説明することはなくなります。

希望条件から大きく逸脱する求人を紹介されなければ、興味のない話を聞かされることはありません。

自分の利益を優先して求職者の希望を無視する狩猟型転職エージェントを避ければ、提示条件を変更させてまで応募を迫られることもありません。

Sドラゴン
Sドラゴン
冒頭の3つの転職エージェントはこれらに該当するためオススメとして紹介しました。

転職エージェント別のおすすめポイント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴JACリクルートメントの特徴

JACリクルートメントは求職者の希望条件に合致する求人だけを厳選して紹介してくれるため、興味のない求人の話を聞かされることはなく、応募を辞退する労力も極限まで減らせます。

また、求職者の情報は社内データベースで一元管理されていて情報共有の精度も高いため、何度も同じ質問を受ける心配もありません。

さらに、JACリクルートメントは利用者の満足度を高めることを会社全体の目標に掲げているため、自社の評価を下げる行為(無理矢理転職や利用者の否定など)は絶対にしません。

高年収求人に特化した転職エージェントなので求人を紹介してもらうハードルはやや高く、全員が転職サポートを受けれるワケではありません。

とはいえ、全てのHSS型HSPと相性が良い転職エージェントですし、紹介求人はの年収は600万円以上。

ダメ元でも登録してみることをオススメします。

JACリクルートメントを利用した私の体験談は下記の記事で紹介していますので、良ければ参考にしてみてください。

年収500万の30代男性がJACリクルートメントを4ヶ月使った体験談

\複数の両面型エージェントから包括的なサポート!/
料金はどれだけ利用しても最後まで完全無料

DODA

DODAのサービス内容DODAのサービス内容

DODAは転職サイトと転職エージェントが1つになった転職サービスです。

隙間時間を利用して自分の好みの条件で求人を検索しつつ、転職エージェントサービスで希望条件にマッチする求人を提案してもらえるため、求人情報の収集が鬼のようにはかどります。

DODAがHSS型HSPにオススメする最大の理由は、転職エージェントだけが持つ非公開求人情報を転職エージェントサービスに登録しないで収集できること。

一般的な転職エージェントの流れは登録⇨面談⇨求人紹介ですが、DODAはサイトに登録さえすれば求人紹介⇨面談の流れで求人を探せるため、コンサルタントとの面談は興味のある求人が見つかった時だけに限定できます。

コンサルタントとの面談不要、求職者のペースで転職活動を進められるため、何のプレッシャーも受けずに気軽に情報収集ができる点がおすすめポイント。

また、『採用プロジェクト担当』求人は登録時の情報を参照した採用プロジェクト担当からあなたの志向に合致する求人を紹介してもらえるだけでなく、コンサルタントとの面談なしで応募までできてしまいます。

できるだけコンサルタントと話をしたくないHSS型HSPにはもってこいの転職エージェントです。

扱う求人はミドルクラスからハイクラスと幅が広く、業界・職種も豊富な選択肢があるため新しいことにチャレンジしたい方やレベルの高い仕事を自らが選んでチャレンジしてみたい方は利用する価値があります。

Sドラゴン
Sドラゴン
求人を眺めるだけでも現職のストレス発散になりますし、完全にレベチの求人にもワンチャン内定をもらえる可能性があるので無謀な挑戦をして楽しんでいます。
\料金は最後まで完全無料/
3つの転職サービスで機会損失を防ぐ!

ビズリーチ

ビズリーチのサービス内容ビズリーチのサービス内容

ビズリーチに登録すると下記のサービスが受けます。

  • ヘッドハンターからスカウトが届く
  • 求人企業からのダイレクトスカウトをもらえる

ビズリーチには複数の人材紹介会社のヘッドハンターが在籍しており、あなたの登録情報を見てハントしにきます。

上手くいけば複数社から転職サポートを受けれるためチャンスの幅が広がりますが、多くのヘッドハンターとやり取りが発生するので疲れます。

そのため、HSS型HSPの方はヘッドハンターから届くスカウトは無視。企業から届くダイレクトスカウトに全集中してください。

企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトはDODAにも同じ機能がありますが、企業側の本気度・求人の質がまるで異なります。

理由は求人企業側が支払う採用コストの違い。

DODAのダイレクトオファー:基本利用料のみ

ビズリーチのダイレクトスカウト:基本利用料+成功報酬

DODAは何人採用しても費用が一定額なので、複数人まとめて採用したい企業が利用します。

対して、ビズリーチは基本利用料に加えて人材を採用した際に成功報酬(想定年収の15%)を支払う必要があるため、採用人数に応じて料金が増えていきます。

つまり、複数人まとめて採用したい企業ではなく、オンリーワンの人材・スペシャリストを求める企業がビズリーチを使うため、自ずとハイクラスの優良企業からのスカウトに限定されます。

\無料会員なら利用料金は最後まで0円/

プラチナスカウトでハイクラスの優良企業からダイレクトスカウトが届く!

HSS型HSPにオススメしない転職エージェント3選

  • リクルートダイレクトスカウト
  • iX転職
  • ランスタッド

リクルートダイレクトスカウト・iX転職

リクルートダイレクトスカウト・iX転職は登録者を積極的にハントしにくるヘッドハンターの集合体です。

登録すると複数のヘッドハンターからスカウトメールが届くため、対応が非常に面倒くさいです。

在籍しているヘッドハンターは中小の人材紹介会社所属がメインのため、売りを上げようと必死でアプローチをかけてきますが、教育が行き届いていないことも多く、対応に不満を感じることが多々あります。

実際にされた不快だったこと

アポなしでいきなり電話

こちらに電話の許可を得ず日中にいきなり電話が掛かってきた。

興味がない求人に勝手に応募

ヘッドハンターから『先方(求人企業)がぜひお会いしたいと仰っている』と言われたので面談してみたら、こちらが興味を持っていることになっていた。

希望条件を全否定

『そんな絵に描いた餅のような条件はありません』『現実を見ろ』『甘えるな』などこちらが提示した希望条件を否定された。

メールの誤送信

社内のやり取りのCCに私が含まれていた。内容は『一応自己PRには追記してもらったのですが、微妙ですかね?』。

自分のことしか考えていないヘッドハンターが圧倒的に多いので、ある程度の自己防衛術を身につけていなければ確実にカモにされてしまいます。

Sドラゴン
Sドラゴン
特にHSS型HSPの人は断ることが苦手なので、内心不満を抱いていても向こうの言われるがままにズルズル転職活動を進められてしまう可能性が高いです。

君子危うきに近寄らず。

自分と相性が悪そうな輩が多い場所には近づかない方が無難です。

ランスタッド

ランスタッドはJACリクルートメントと同規模の転職エージェントです。

リクルートダイレクトスカウトやiX転職とは異なり、ランスタッド1社に在籍するコンサルタントから転職サポートを受けれます。

退職理由や希望条件などの基本情報は社内で情報共有されるため何度も同じことを話す手間はありませんが、在籍するコンサルタントは狩猟型マインドが強く、求職者の想いより自分たちの利益を重視する方が多いです。

そう感じた理由は2つ。

希望条件を否定して手持ちの求人に応募させるように誘導された

『応募します』と意思表示したメールを無視された

保有している求人はJACリクルートメントと同様でレベルが非常に高いですが、お金にならないと判断した求職者はどんどん切り捨てていく典型的な狩猟型エージェントのスタンスです。

HSS型HSPの方は下手に利用すると深く傷つく恐れがあります。

君子危うきに近寄らず。(2回目です)

自分に危害を加えられる可能性がある場所には絶対に近づかないでください。

まとめ:ご自身の特性に合う転職エージェントを上手に利用してください

本記事の要約
  • HSS型HSPに向いている転職エージェント
    • JACリクルートメント
    • DODA
    • ビズリーチ
  • HSS型HSPに向いていない転職エージェント
    • リクルートダイレクトスカウト
    • iX転職
    • ランスタッド

HSS型HSPは新しいことに挑戦するのが好きだけど、気にしいで傷つきやすい繊細さん。

こんなタイプの私たちは積極的に転職を促してくる狩猟型エージェントとの相性は最悪です。絶対に近づかないでください。

一方、求職者の利益を優先してキャリアを一緒に考えてくれる農耕型エージェントとの相性は最高です。

短期間で紹介してくれる求人数は少ないですが、長期的に転職をサポートしてくれることは年中転職が頭の片隅にある私たちにとっては強い安心材料です。

好奇心旺盛だけど、常にどこかで警戒してるHSS型HSPの方は、付き合う転職エージェントはしっかり検討してくださいね。